ファッション&コスメのライフスタイルブログ

ファッション&コスメのライフスタイルブログ

#トレンドファッション #コーディネート #ブランド #美容 #コスメティック #ネイル #かわいい #おしゃれ

洋服を探す

ファストファッション系のファッションブランド&セレクトショップ一覧

Point

ファストファッションとは、最新の流行を採り入れつつコストパフォーマンスに優れた衣料品を大量生産し、短いサイクルで販売するブランドやその業態のこと。

ファストファッション

AÉROPOSTALE(エアロポステール)

公式 https://www.aeropostale.com/

1987年、ジュリアン・R・ゲイガー氏がアメリカ・ニューヨークにて創業。ブランド名は、フランス語で航空便 (エアメール) の意味。

サーフテイストと上品さを併せ持つアイテムを、手頃な価格帯で提供するカジュアルブランド。メンズ・ウィメンともに展開している。アバクロ、ホリスター、アメリカンイーグルなどと比較されることが多い。

2009年、キッズライン「P.S.from aeropostale」がスタート。

AMERICAN EAGLE OUTFITTERSアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ)

公式 https://www.aeo.jp/

1977年にアメリカ合衆国で誕生したカジュアル系ファッションブランド。一般的には、「アメリカン・イーグル」「AEO」などと略されて呼ばれることが多い。

豊富なジーンズをはじめ、比較的リーズナブルな価格でトレンド性の高いアイテムが揃う。ターゲット層は15-35歳くらいを想定していて、特に若い世代に人気が高い。

aerie(エアリー)

2006年設立の姉妹ブランド。主に若い世代の女性をターゲットにしたインナーブランド。下着やパジャマ等を中心に扱っている。

【追記】

青山商事が今後ビジネスウェア事業に注力するため、日本国内のAEO事業とエアリー事業のライセンス契約を2019年12月末をもって終了することを発表した。

FOREVER 21(フォーエバートゥエンティーワン)

公式 https://www.forever21.co.jp/

アメリカ・LA発のファストファッション。10代20代の若者向け。外部仕入れで多品種少量型のビジネスモデルを基本としている。最先端の流行は抑えているので、デザイン的には評価は高い。また、沢山のメーカーから仕入れているため供給スピードは速いが、トレンド重視のため品質のバラつきが激しい。

【追記】

日本法人である合同会社FOREVER21 JAPAN RETAILが、2019年10月末日をもって日本事業を終了し、撤退すると発表した。10月末日までに日本国内の全14店舗を閉店し、Eコマース事業についても閉鎖する。

GUジーユー)

公式 https://www.gu-japan.com/

2006年創立。株式会社ファーストリテイリング (FR社) の傘下に属する株式会社ジーユーが展開する日本のブランド。 ブランド名は「もっと『自由』に着よう」というコンセプトに由来。

FR社の主力ブランドであるユニクロのノウハウを生かしつつ、ファッション性を高めるとともにユニクロより低価格帯を実現。若いファミリー層を対象としている。とにかく安い。

UNIQLOユニクロ

公式 https://www.uniqlo.com/

株式会社ファーストリテイリング傘下の株式会社ユニクロが展開する日本のブランド。

過度に個性のないデザインの商品が多いが、高品質、高機能、縫製、生地も良い。カラーバリエーションが豊富。

GAP(ギャップ)

公式 https://www.gap.co.jp/
Gap Japan

1969年、アメリカで産声をあげる。アメリカ版ユニクロといった位置付け。日本では1994年 (平成6年) 12月に日本法人 「ギャップジャパン株式会社」を設立。

アメカジを主としていて、サイズはゆったりめ。値段はUNIQLOより少し高めだが、よく20~50%の割引セールを実施している。

Hollister Co.(ホリスター・カンパニー)

公式 https://www.hollisterco.jp/

アメリカ合衆国のアバクロンビー&フィッチ社によって、2000年7月に創立されたブランド。一般的には略して「ホリスター」と呼称されることが多い。

ロゴマークはカモメで、南カルフォルニアのサーフスタイルを意識したデザインが特徴的。姉妹ブランドのアバクロよりも少しだけターゲット年齢層が低く設定されており、アバクロ同様のヴィンテージ感たっぷりなアイテムがお手頃な価格で手に入る。

H&M(エイチアンドエム)

公式 https://www.hm.com/

1947年にスウェーデンにて設立。2008年9月には、東京・中央区銀座中央通りに日本1号店を出店した。品質はユニクロより劣るが、ユニクロよりファッション性がありスタイリッシュ。

URBAN OUTFITTERS(アーバン アウトフィッターズ)

公式 https://www.urbanoutfitters.com/

1970年にアメリカ・ペンシルベニア州で誕生したセレクトショップ、及びオリジナルブランドも展開している。いわゆるストアブランド。

オリジナルブランドの業態はSPAに属し、デザイン・スタイルの指向としては、ボヘミアン、ヴィンテージ、レトロなどが挙げられる。アートや音楽などに興味がある、知的で都会的な18歳から30歳くらいまでの幅広い年齢層を対象としている。

アパレルの他にも、流行に敏感な若者をターゲットにした家具、雑貨、書籍など幅広く扱っている。

アメリカ、カナダ、ヨーロッパを中心に店舗展開しており、世界の国々に支持されている。また、店舗ごとに異なる店作りをしていて、生活感のあるディスプレイにファッションを取り入れている。

ZARA(ザラ)

公式 https://www.zara.co.jp/

1975年、スペインで誕生。1997年に日本法人が設立された。

新商品が発売されるまで業界平均はおよそ9か月程かかるが、ザラでは2週間、最短でわずか1週間で開発され、全世界の店舗に送られる。売り切れても補充はされないので、新商品の入れ替わりが激しい。クールで落ち着いた雰囲気。いわゆるファストファッションと呼ばれる中では価格は高め。トレンドを抑えているのでファッション性は高いが、品質縫製は低評価。「流行りを積極的に取り入れたいから、1シーズンもてばいい」という人にはおすすめ。

しまむら

公式 https://www.shimamura.gr.jp/

ファストファッションブランドとして認知されている。メーカーから仕入れた商品が主力となっている。

1店舗につき4~5万のアイテムを取り揃えている。これは他社の店舗と比較しても非常に多い。尚且つ、あるアイテムがあったとして、同じサイズ、同じ色のアイテムは1店舗に一点しか置いていない。これは、「隣りの人と同じ服」ということを防ぐためで、多品種でありながら消費者目線での配慮が成されている。その気配りは地域特性への配慮にも現れている。ある地域では、農作業に適した「もんぺ」を売っていたり、夏には実用的な「麦わら帽子」が置かれ。豪雪地帯には、それらに適応した必要衣料を必ず売っている。

しまむらグループ
  • しまむら - 主力ブランド
  • Avail(アベイル)- しまむらの若年層向けカジュアルファッション&シューズ
  • Birthday(バースデイ)- ベビー&子ども用品
  • Chambre(シャンブル)- ナチュラル系ファッション&雑貨
  • Divalo(ディバロ)- 靴