ファッション&コスメのライフスタイルブログ

ファッション&コスメのライフスタイルブログ

#トレンドファッション #コーディネート #ブランド #美容 #コスメティック #ネイル #かわいい #おしゃれ

洋服を探す

アメカジ系のブランド&セレクトショップ一覧

概要

「アメカジ」とは、アメリカンカジュアルの略称。アメリカでは定番のカジュアルスタイル。元々はアメリカの大学生ファッションを参考にしたスタイルで、ラフな着こなしを特徴としている。年齢や性別を選ばない万能スタイルとして、日本でも人気がある。

定番アイテム

アメリカンカジュアル系(American Casual)

AMERICAN EAGLE OUTFITTERSアメリカン イーグル アウトフィッターズ)

公式 https://www.aeo.jp/

1977年にアメリカ合衆国で誕生したカジュアル系ファッションブランド。一般的には、「アメリカン・イーグル」「AEO」などと略されて呼ばれることが多い。

【追記】

青山商事が今後ビジネスウェア事業に注力するため、日本国内のAEO事業とエアリー事業のライセンス契約を2019年12月末をもって終了することを発表した。

AÉROPOSTALE(エアロポステール)

公式 http://www.aeropostale.com

1987年、ジュリアン・R・ゲイガー氏がアメリカ・ニューヨークにて創業。ブランド名は、フランス語で航空便 (エアメール) の意味。

サーフテイストと上品さを併せ持つアイテムを、手頃な価格帯で提供するカジュアルブランド。メンズ・ウィメンともに展開している。アバクロ、ホリスター、アメリカンイーグルなどと比較されることが多い。

2009年、キッズライン「P.S.from aeropostaleスタート。

Abercrombie & Fitch(アバクロンビー アンド フィッチ)

公式 http://www.abercrombie.co.jp/ja_JP/home

アメリカのティーンズ向けヴィンテージ風カジュアルブランド。略称はアバクロ、A&F。

レディース、メンズ、子供服とトータルで展開していて、全体的にストリートの要素を持ち合わせている。

セカンドライン

※ 追記

2014年8月28日、来春から北米での新製品にロゴを入れない、または小さくしたデザインに変更すると発表した。米国の若者の間でロゴ入りは不人気となり、時代の変化に合わせたもよう。

BANANA REPUBLICバナナリパブリック

公式 http://bananarepublic.gap.co.jp

1978年、米国カリフォルニア州にてジーグラー夫妻により創業。1983年にGAP社によりが買収され、当時流行していたサファリ風ファッションから現在の高級なカジュアルウェアというイメージである「カジュアル・ラグジュアリー」と呼ばれるアパレルブランドになった。

姉妹ブランドのGAPよりも大人向けのアイテムが並び、モダンで落ち着いた大人の色気が漂うシンプルで洗練された印象のするブランド。

EDWINエドウイン

公式 http://www.edwin.co.jp

株式会社エドウインが展開するデニムブランド。エドウィンと発音されることが多いが、表記としては大きい「イ」が正しい。

今ではさほど珍しくはないが、ウォッシュ加工や色落ち加工はエドウィンが起源と言われている。デザインの特徴は、ヒップポケットの「W」をかたどったステッチ、ロゴをあしらったレザーラベル。デニムパンツのシルエットは時代とともに移り変わっているが、そのデザインは普遍的で今でも変わっていない。

「EDWIN」というブランド名は、デニム (DENIM) の「D」と「E」を逆転し、「NIM」を180度反転し「WIN」として命名した。巷で言われている「江戸」が「勝つ (WIN)」という説は俗説であり、公式な情報は確認されていない。

Free People(フリーピープル)

公式 http://www.freepeople.com

有名セレクトショップURBAN OUTFITTERS (アーバンアウトフィッターズ) 」を運営していることで知られるアーバンアウトフィッターズ社が展開するオリジナルブランド。

ボヘミアンテイストをベースに、カラフルで独創的な花モチーフや動物モチーフのプリントをふんだんに使った陽気なアイテムが特徴。アーバンアウトフィッターズよりも多少若い20代女性をターゲットとしている。

2013年、株式会社ワールドと提携して日本に初上陸した。

【展開するブランドライン】

  • Meadow (メドー) 」- ボヘミアン
  • 「Ginger (ジンジャー) 」- セクシー
  • 「Lou (ロウ) 」- ボーイッシュ
  • 「Candy (キャンディー) 」- ガーリー
  • 「Sandy (サンディ) 」- ビーチカジュアル

FREAK'S STORE(フリークスストア)

公式 http://www.freaksstore.com/

1986年創立。株式会社デイトナ・インターナショナルが手掛けるセレクトショップであり、そのオリジナルブランド。

大人っぽい服が好みの高校生から20代30代まで、落ち着いた雰囲気のアイテムが多いので、幅広い年齢層を対象としている。

FREE'S MART(フリーズマート)

公式 http://www.frees-mart.com

姉妹ブランドであった今は無きフリーズショップの低価格版ブランドとして2009年9月にスタート 。

フリーズショップのフェミニンでキュートなスタイリングに程よいトレンド感をトッピングし、米国西海岸テイストのようなナチュラルで健康的なSexy Styleを一段階若い年齢層向けにプチプライスで提供。

※ 追記

運営していた株式会社FREE’S INTERNATIONALは、2015年2月28日を以て営業活動を終了。FREE’S SHOP/FREE’S SHOP MEN/Plush&Lush/interscape FREE’S SHOPは2月22日を以って全店閉鎖。Free’s Martは3月1日より株式会社サンエー・ビーディーに事業継承した。

GUESS(ゲス)

公式 http://www.guess.co.jp

1981年にマルシアーノ兄弟によりアメリカで創設されたライフスタイルブランド。アパレルから、バッグ、アクセサリー、香水などトータルで提案する。

多くの日本人は同じ発音で聞き馴染みのある「下衆」という日本語をイメージすると思うが、ブランドGUESSは英語の「言い当てる、解き当てる、推測」という意味である。

※ 追記

日本再上陸を発表、2014年春夏シーズンより本格展開を始める。日本では、90年代初頭に伊藤忠商事とのライセンス契約により製造販売が行われていたが、2005年に撤退していた。長らく入手困難となっていたが、約8年ぶりの日本復帰となった。

今回の日本再上陸では、アメリカ・ロサンゼルス本社「GUESS?,inc.」の100%子会社として、2013年2月に「ゲスジャパン」を設立。以前のライセンス展開とは異なり、今回は本国アメリカ法人の直轄での展開となる。

G-Star RAWジースターロゥ)

公式 http://www.g-star.com

1989年にオランダのアムステルダムにて誕生。1991年にチーフデザイナーとしてピエール・モリセットを迎える。

「G-Star RAW」という名前から分かるように、ローデニムが中心。本物志向であるが既成概念に捉われることなく、機能的でスタイリッシュ。ヨーロピアジーンズという点で、しばしば「ディーゼル」と比べられるが、手法やスタイルは全く異なる。

1996年に革新的なデニム”RAW DENIM (ロゥ デニム)”を発表し、ノンウォッシュデニムを使った新しいスタイルを確立する。同時期に、モトクロスパンツをベースとした立体裁断のパンツ”ELWOOD (エルウッド)”を発表。このスタイル提案はファッション業界で元祖と言われる。

GAP(ギャップ)

公式 https://www.gap.co.jp/

1969年、アメリカで産声をあげる。アメリカ版ユニクロといった位置付け。日本では1994年 (平成6年) 12月に日本法人 「ギャップジャパン株式会社」を設立。

アメカジを主としていて、サイズはゆったりめ。値段はUNIQLOより少し高めだが、よく20~50%の割引セールを実施している。

2018年、インナーウェア・ルームウェアの新ブランド、LOVE BY GAP(ラブ バイ ギャップ)をスタート。

Hollister Co.(ホリスター・カンパニー)

公式 http://www.hollisterco.jp/ja_JP/home

アメリカ合衆国のアバクロンビー&フィッチ社によって、2000年7月に創立されたブランド。一般的には略して「ホリスター」と呼称されることが多い。

ロゴマークはカモメで、南カルフォルニアのサーフスタイルを意識したデザインが特徴的。姉妹ブランドのアバクロよりも少しだけターゲット年齢層が低く設定されており、アバクロ同様のヴィンテージ感たっぷりなアイテムがお手頃な価格で手に入る。

JAMES PERSE(ジェームス・パース)

公式 http://www.jamesperse.com

1994年、ジェームス・パース氏 (James Perse) が自身の名を冠して設立したアメリカ・カリフォルニア州LAのハイクオリティなカジュアルウェアブランド。

ブランド設立時にはカットソーのラインからスタートしたこともあり、代表するアイテムはカットソー。そのラグジュアリーとカジュアルな雰囲気を併せ持つカットソーは人気となり、ハリウッドをはじめビバリーヒルズ、マリブなどのセレブリティにも絶大なる人気を誇る。

YOSEMITE (ヨセミテ)

ヨガ、サーフィン、サイクリングなどのアクティブシーンに相応しいスポーツライン。

KRIFF MAYER(クリフメイヤー)

公式 http://www.kriffmayer.jp

1966年に愛知県一宮市にて紳士服会社「加藤商店」を創業。1986年に紳士服からカジュアルウェアへ事業転換するとともに、社名を「株式会社アスディック」に変更。そして、1989年にブランド「KRIFF MAYER」をスタート。

アメリカンカジュアル (アメリカ西海岸) をベースに現代のトレンドをMIXさせた古着感覚のデイリーウェア。

コンセプト『アメリカの古着が持つ特有の風合いを残し、今の時代にあうデザインやサイズにモデファイした服』公式HPより

Lee(リー)

公式 http://www.lee.com
日本 http://lee-japan.jp

1889年、ヘンリー・デヴィット・リー氏によりカンザスサライナに創設されたH.D.Lee社。正式名称はH.D.リー・マーカンタイル・カンパニー。食料品を扱う卸商社で、後に雑貨品や衣料も扱うようになった。

ジーンズに世界初のジッパーフライを採用した会社として知られているが、果物などのシロップ漬け缶詰も世界で最初に商品化した凄い企業。

世界三大ジーンズと言われるうちの1つ。現在はアパレル大手VF CORPORATIONの傘下になっている。日本での企画、販売を行っているのは株式会社エドウィンである。

ジーンズのバックポケットの形に特徴があり、普通のジーンズは将棋の駒を天地逆にした形が多いが、Leeのジーンズはバックポケット下部が丸くなっている。

Levi's(リーバイス

公式 https://www.levi.jp/

Lee (リー) 、Wrangler (ラングラー) とともに、いわゆる「ジーンズブランド御三家」「ジーンズ3大ブランド」などと呼ばれている。

創業者リーバイ・ストラウスは、アメリカ・カリフォルニアの金鉱で働く人々の「丈夫なパンツが必要だ」という声を聞いて、ジーンズの原点となる丈夫なワークパンツを創りあげ、そのワークパンツを “ジーンズ” へと進化させることに成功した。

リーバイスは、衣料品のポケットに金属リベットを用いて補強する手法の特許をとった日である「1873年5月20日」をジーンズの誕生日としている。この日付は、現在もリーバイスジーンズのレザーパッチに刻まれている。

【ブランドライン】

  • Levi's Vintage Clothing

    プレミアムライン。リーバイスのヴィンテージジーンズを忠実に復刻したライン。

  • Levi's Made & Crafted

    クリエイティブ、モダンデザインを取り込んだライン。

  • LEVI'S LADY STYLE

    女性向けのライン。

  • LEVI'S FENOM

    プレミアムライン。ストリートやカルチャーからインスパイアされたコレクション。

  • levi' FLU

    ストリートカルチャーとスポーツの融合をテーマにしたスポーツスタイルコレクション。

McGREGOR(マックレガー)

公式 http://www.mcgregor.jp/

1921年アメリカ・ニューヨークで誕生。

Old Navy(オールドネイビー)

公式 http://oldnavy.co.jp

1994年にカリフォルニア州に最初の店舗を開き、現在ではほぼ全米に店舗がある。若者、主にティーンエイジャー向けたカジュアルブランド。GAPの1部門としてスタート。

ファッショナブルで高級ラインにあたるバナナ・リパブリック、主力のGAP、より低価格で若い層をターゲットとするオールドネイビーというライン分けをしている。

日本では、ギャップ・ジャパンが総輸入元となり2012年7月12日、東京・お台場のダイバーシティ東京プラザ内に、日本1号店を出店。北米以外では初の出店だった。"世界一楽しいファッションストア"をキャッチフレーズに、本国と同様の店内ディスプレイなどを採用していた。

店舗数は53店舗まで拡大した。しかし、GAP社の経営戦略見直しに伴い、2017年1月に日本市場から撤退することが2016年5月19日に発表された。

Ralph Lauren(ラルフ ローレン)

公式 http://www.ralphlauren.co.jp

ラルフ・ローレン (Ralph Lauren, 1939年10月14日生まれ)、本名ラルフ・ルーベン・リフシッツ (Ralph Rueben Lifshitz) は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身のファッションデザイナー、また自身の名を冠したファッションブランドである。

多くのアメリカブランドの源流を作ったとも言える存在で、クラシックなアメリカらしいライフスタイル。そして、その「アメリカらしさ」そのものを定義した。それは、アイビーリーグの流れを汲むアメリカントラディショナル、英国貴族をルーツにもつブリティッシュアメリカン、それにカウボーイやネイティブインディアンに代表されるウエスタンスタイルの3つを絶妙に融合して完成させたもので、流行り廃りを感じさせない凛とした存在感がある。

Right-on(ライトオン)

公式 https://right-on.co.jp
ライトオンオンラインショップ

1980年に創業を開始。リーバイスエドウィンといった大手アメカジ系ブランドも取り扱っているセレクトショップ

多彩なジャンルを取り揃え、主にアメカジとキレカジのアイテムを豊富に取り揃えている。ジーンズを中核アイテムとし、年齢・性別を超えた幅広い客層に愛されている。

過去のライトオンでは、中高生に向けたシンプルなアイテムが多い印象だったが、近年ではデザイン性の高いライトオン独自のプライベートブランドを多く取り扱うようになり、そのイメージを大きく変えている。

色々なブランドのアイテムが揃っているセレクトショップなので、店舗の敷居は低く、ファッションにあまり関心がない人でも気兼ねなく店に入れる雰囲気となっている。

SOMETHING(サムシング)

公式 https://www.something.jp/

株式会社エドウインが展開する、デニムブランド「EDWIN (エドウイン)」から派生した女性向けのデニムブランド。

1979年にブランドが誕生して以来、美脚をコンセプトにしたストレッチジーンズ「ViENUS JEAN」シリーズやヒップアップできる「V-HIP」シリーズなど、女性を美しくみせるジーンズを提案し続けている。

1973年、デニムブランド「EDWIN (エドウイン)」が女性のためのシルエットを開発し、「レディース・エドウインを発表する。

1979年、複数あったレディース向けブランドを統一して、女性のためのジーンズブランド「SOMETHING」が誕生。

TOMMY HILFIGER(トミー ヒルフィガー)

公式 http://japan.tommy.com/

1984年に、トミー・ヒルフィガーが自身の名を冠して興したアメリカを代表するブランド。

トミーヒルフィガーのアイテムはアメリカンカジュアルを基本としているが、どれも品があり優美だとの定評がある。キッズウェアからスポーツやビジネスなど様々なシーンに使える幅広いラインナップが特徴として挙げられる。また、ミュージシャンなどにも愛用している人の多いブランドである。

URBAN OUTFITTERS(アーバン アウトフィッターズ)

公式 http://www.urbanoutfitters.com

1970年にアメリカ・ペンシルベニア州で誕生したセレクトショップ、及びオリジナルブランドも展開している。いわゆるストアブランド。

オリジナルブランドの業態はSPAに属し、デザイン・スタイルの指向としては、ボヘミアン、ヴィンテージ、レトロなどが挙げられる。アートや音楽などに興味がある、知的で都会的な18歳から30歳くらいまでの幅広い年齢層を対象としている。アパレルの他にも、流行に敏感な若者をターゲットにした家具、雑貨、書籍など幅広く扱っている。

アメリカ、カナダ、ヨーロッパを中心に店舗展開しており、世界の国々に支持されている。また、店舗ごとに異なる店作りをしていて、生活感のあるディスプレイにファッションを取り入れている。

【展開ストア・ブランド】

  • Anthropologie (アンソロポロジー)

    公式 https://www.anthropologie.com

    1992年誕生。アパレルの他にもアクセサリーや生活雑貨、リビング、ダイニング&キッチン用品などを扱うライフスタイルブランド。アーバンアウトフィッターズの姉的な位置づけ。

  • Free People (フリーピープル)

    公式 https://www.freepeople.com/

    1984年に誕生。アーバンアウトフィッターズの妹的な位置づけ。花モチーフや動物モチーフをプリントしたアイテムが特徴的なボヘミアンテイストのカジュアルブランド。2013年に株式会社ワールドと提携して日本上陸を果たした。

  • Terrain (テレイン)

    公式 http://www.shopterrain.com

    2008年誕生。『テレイン』は、地形や地勢を意味するが、形容詞のTerrestrial (地球上の) という意味を含んでいる。ガーデニングをコンセプトにしているノンアパレルストア。ガーデニング用品の他に、バス&ボデイケア、塩や蜂蜜などのオーガニック食品、キッチングッズなども扱っている。

  • BHLDN (ビーホールディン)

    公式 http://www.bhldn.com

    ウェディング・ブライダルグッズやドレス。2011年にアンソロポロジーから派生して誕生。

UNGRID(アングリッド)

公式 http://ungrid.jp

MARK-STYLER (マークスタイラー) 株式会社が展開するレディースブランド。吉田 怜香のプロデュースにより2011年4月にブランドスタート。吉田が退社した後、2014年に高園あずさがクリエイティブディレクターに就任。

カジュアルをベースに、ルールにとらわれずあらゆるテイストをミックスさせて、自分らしいひとつのスタイルをつくる。着心地の良さを追求し、TPOに合わせた心地よい日常を過ごせる服を提案。

Wranglerラングラー

公式 http://www.wrangler.com

日本 http://www.wrangler.co.jp

ラングラーは、カウボーイやロデオライダー向けジーンズで有名なジーンズブランド。リーバイス、リーと並んで、アメリカの3大ジーンズブランドの一つ。

ラングラーとは「牧童」の意味。捩れない「ブロークンデニム」という生地を開発した会社であり、「ジーンズ」という言葉を最初に使った凄い企業。「ギャル」という言葉が浸透したのもラングラーの製品 (1973年発売の Wrangler Gals) の影響である。

WEGO(ウィゴー)

公式 https://www.wego.jp/

最初は古着ショップとしてスタート。現在はオリジナルも展開している。

10〜20代の若者のニーズにフィットしたストリートカジュアルにユーズドライクな着こなしをMIX。シーズントレンドを取り入れたアイテムが低価格で揃えられる。

何を着たらいいか分からないファッション初心者は、とりあえずWEGOがお勧め。

被りと他ブランドの模倣が懸念される。