ファッション&コスメのライフスタイルブログ

ファッション&コスメのライフスタイルブログ

#トレンドファッション #コーディネート #ブランド #美容 #コスメティック #ネイル #かわいい #おしゃれ

フェミニン系ファッションブランド&セレクトショップ一覧

フェミニン系ファッションとは?

フェミニンとは、英語で「女性らしい」という意味の言葉です。ファッションで使われるフェミニン系とは、スカートやブラウスなどのデザインが女性らしいスタイルということを指します。フェミニンは「落ち着いた大人の女性」、ガーリーはフリルが多めで「かわいい女の子」といった違いがあります。

フェミニン系ファッション

Allamandaアラマンダ

公式 https://www.ingni-store.com/allamanda/
Twitter https://twitter.com/allamanda_of
Instagram https://www.instagram.com/allamanda.official/
Facebook https://facebook.com/921821827848901/

株式会社イングが展開するブランド。アラマンダとは、イエローやピンクの筒状の花を咲かせる熱帯植物で、トロピカルリゾートの象徴的な花。その名の通りHappyで鮮やかな色使いや花をモチーフにしたテキスタイルが特徴。何気ない日常の中でも心はヴァカンス気分。

Apuweiser-riche(アプワイザーリッシェ)

公式 http://apuweiser-riche.jp/
Twitter https://twitter.com/apuweiser_blog
Facebook https://facebook.com/Apuweiserriche/

クラシックベースに表現する大人テイストのブランド。程よくトレンドが織り込まれたクラシカルな雰囲気を併せ持つ。幅広い年齢層に人気がある。姉妹ブランドに、JUSGLITTY (ジャスグリッティー) 、Rirandture (リランドチュール) がある。

anatelier(アナトリエ)

公式 https://store.world.co.jp/brand/anatelier/
Instagram https://www.instagram.com/anatelier_official/
Facebook https://facebook.com/anatelier.official/

株式会社ワールドにより、2002年にスタート。シンプル・ベーシックのコンセプトを持ちつつも、時代に合った新しい基本形、 新しいシンプルというものを生み出していきたい。というコンセプトも併せ持つ。

AG by aquagirl(エージー バイ アクアガール

公式 https://store.world.co.jp/brand/ag-by-aquagirl/
Twitter https://twitter.com/AG_by_aquagirl
Instagram https://www.instagram.com/agbyaquagirl/
Facebook https://facebook.com/213964382127913/

日本の大手アパレル会社「ワールド」が運営するセレクトショップ、及びオリジナルブランド。同社が運営する「アクアガール」から派生して2010年にスタート。カジュアルとフェミニンが融合した「大人可愛い」アイテムを多く取り扱うブランド。

欧米を中心としたバイイング商品とオリジナル商品をバランスよく織り交ぜ、共に柔軟な商品セレクトとスタイリングを特徴としている。

トレンドを意識しながらもデイリーに着こなせる服や、遊び心のあるキッチュな雑貨、キッズ商品などを取り扱う。おしゃれなママライフを楽しめるライフスタイルグッズが並ぶ。

amelier Majestic Legonアメリエル マジェスティック レゴン)

公式 http://amelier.jp

フランス映画の主人公のように感受性豊かな大人の女性に向けたマジェスティック レゴンのお姉さんブランド。

any SiS(エニィスィス)

公式 http://www.anysis.jp

株式会社オンワード樫山が展開する、上品で優しいフェミニン系ブランド。旧ブランド名は「組曲SiS」。

姉妹ブランド「any FAM (エニィファム)」と共に2005年に誕生したエニィスィスは、組曲よりも低めの価格設定で、フェミニンテイストを少しシャープにしたエレガントなスタイル。オフィスカジュアルとしても使えるアイテムが豊富に揃っている。

AMACA(アマカ)

公式 http://www.amaca.jp

株式会社三陽商会が2005年に立ち上げた百貨店向けのファッションブランド。ブランド名は、イタリア語で「ハンモック」を意味する言葉。

ハナコ世代のミドルエイジ女性がコアターゲット。軽やかに時代の空気を楽しむ大人の女性たちのための"エスプリあるスタンダード"。高い基本品質にトレンドを程よく意識したベーシックアイテム。また、様々なデザイナーとのコラボレーションも積極的に行っている。

Bye Bye(バイバイ)

公式 http://bemss.jp/bye-bye/

GIRLからLADYになりたい20代の女の子に向けた、ちょっぴり大人のSWEAT STYLEを提案。いつだって女らしさを忘れないエレガンスカジュアルブランド。ギャル系。

BE RADIANCE(ビーラディエンス)

公式 http://www.beradiance.jp

株式会社ジャパンイマジネーションが展開する日本のファッションブランド。ブランド名の「RADIANCE (光り輝くこと) 」に表れているように、仕事も恋も楽しむ、輝く女性のためのブランド。

BORNY(ボルニー)

公式 http://borny.jp/

ファッションブランドを数多く展開する株式会社マークスタイラーが2011年に立ち上げた。

ブランド名は「Born in NY」の略による造語で、ニューヨークのライフスタイルやカルチャーを発信し、新たな価値を創造していく、という意味が込められている。

【ブランド終了】

2016年2月、全店が閉店となりブランドも終了した。

CLATHAS(クレイサス)

公式 http://www.clathas.co.jp/

東京ブラウス株式会社が運営する、名古屋で生まれた神戸系お嬢様ファッションブランド。ブランド名は、衣服を意味する「clothes(クローズ)」の語源に由来する。洋服だけでなく、バッグや靴、アクセサリーに至るまで取り扱う。薮椿の英名カメリアをブランドのロゴとしている。

CECIL McBEEセシルマクビー

公式 http://cecilmcbee.jp/

株式会社デリカが展開するブランド。愛称はセシル。言わずと知れた有名ブランドで、不動の人にを誇る。購入層の中心は中高生で、この年頃にちょうどみられる、「自分を大人っぽく見せたい」という欲求が高まる時期に、お手頃な価格で気軽に挑戦できる洋服があるのは、かなり心強い。主に、ギャル服と呼ばれる系統のアイテムが中心だが、セシルマクビーの魅力は、エレガンスにも、グラマラスにも、モードにも、ガーリーにも、ナチュラルにもなれるほどラインナップが豊富なところで、あらゆるジャンルに対応できるブランドは他にそうあるものではない。

CYNTHIA ROWLEYシンシアローリー

公式 http://www.cynthiarowley.jp

1983年、シンシア・ローリーが自身の名を冠したブランドを設立。

キーワードは「CUTE」、大人の可愛らしさを自ら表現できる女性のために、上質かつ独創的な価値観をNew Yorkから絶えず提案し続ける。

Comptoir des Cotonniersコントワー・デ・コトニエ

公式 http://www.comptoirdescotonniers.co.jp

1995年、パリと南仏トゥールーズの小さなブティックから出発した婦人服ブランド。上質な素材と計算されたシルエットから生まれるシックで都会的なデザイン。年齢を問わず親子で着られるようシンプルにまとめたスタイルが特徴的。「母と娘」をイメージしたコレクションは、広告等のモデルも本物の母娘をオーディションで選んでいる。

コントワー (comptoir) という言葉には分かち合い、対話、身近な関係という意味が込められ、ショップは木などの自然な素材、白い壁、柔らかな照明を使い、居心地よく温かで明るい雰囲気に仕上げられている。

日本では、2005年にユニクロを運営するファーストリテイリングのグループに入り、東京・青山に旗艦店をオープンした。

DOLLY GIRL BY ANNA SUI(ドーリーガール バイ アナスイ

公式 http://www.onward.co.jp/dollygirl/
オンワード・クローゼット

1980年、アナ・スイ (ANNA SUI) が自身の名を冠したブランドを設立。アナ・スイは、1955年アメリカのデトロイトにて、中国系アメリカ人の家庭に生まれる。彼女のデザインはフェミニン、ロマンティックな部分を追求しながらもロックの精神を注入しているのが特徴。70年代のニューヨーク・パンクシーンの影響を強く受けるとともに、90年代前半のグランジ・ムーブメント、パンクファッションのリバイバルの流れと呼応し、ミュージック・シーンに乗ったアナスイのデザインは人気を獲得した。

日本では、オンワード樫山が事業会社となっており、伊勢丹が販売権を有する。2006年、伊勢丹とのライセンス10週年を記念して、ハローキティとコラボレーション作品を発売。翌年の8月下旬に、新ブランド「DOLLY GIRL BY ANNA SUI」を発表。 ロックテイストから始まったが、現在のデザインはキュートでかわいらしいものが多く、リーズナブルな価格で、10代〜20代の女性に人気。特にコスメ、雑貨が日本では人気となっている。

deicy(デイシー)

公式 http://deicy.com/

日本のアパレル会社ディータイムスシー東京が展開するセレクトショップ、およびそのオリジナルブランド。店舗では、「deicy」と「me & me couture」のほか、インポートアイテムも取り扱っている。

「deicy」は、girlishでROCKなスタイリングをベースに『お洒落を楽しむ』をコンセプトにしている。別ラインの『me&me couture』は、デイシーより若干大人な雰囲気。

DRWCYS(ドロシーズ)

公式 http://drwcys.com/

株式会社IBF.Mが展開するセレクトショップ、及びそのオリジナルブランド。2008年に会社設立。2010年にラフォーレ原宿に一号店「be love by DRWCYS」がオープン。

ブランド名は、『オズの魔法使い』の主人公「ドロシー」に由来する。カジュアル、トレンド、ボヘミアンをキーワードに大人のリアルクローズを提案。

IBF.M社は「INED」や「ef-de」等のブランドを展開している株式会社フランドルのグループ会社である。

evelyn(エブリン)

公式 http://evelyn.tokyo.jp/

乙女心をくすぐるフェミニンテイストにトレンドをミックスし、異性だけでなく同性も引き付けるファションを提案。

ef-dé(エフデ)

公式 http://www.ef-de.jp

株式会社フランドルが1993年に設立した、甘く優しいフェミニンでエレガントなブランド。

ベーシックなアイテムがもつ上質感を、柔らかいシルエットで表現したスタイリングが可愛らしさを引き立ててくれる。「女子アナっぽい服」としても人気。

F i.n.t(フィント)

公式 http://www.fint.jp/

50年代クラシカルなヴィンテージデザインにトレンドを MIX したガーリースタイルをコンセプトにしている。

Feroux(フェルゥ)

公式 http://www.feroux.jp/

大手アパレル会社オンワードが展開するファッションブランド。誰からも好感の持たれる『愛される服』がコンセプト。気軽に楽しめるリーズナブルプライス。着まわし可能な汎用性の高いフェミニン&トレンドのアイテムが豊富に揃っている。

Green Parks(グリーンパークス)

公式 http://www.greenparks.jp/
STRIPE CLUB(ストライプクラブ)

「earth music&ecology」や「E hyphen world gallery」を展開する株式会社クロスカンパニー(現・株式会社ストライプインターナショナル)により、2005年10月「Green Parks」の事業が開始された。

フワフワとしたかわいらしさではなく、クールなかわいさを目指す女性に絶大な支持を得ている。20代〜30代の女性に人気がある。

JILL STUART(ジル スチュアート)

公式 http://www.jillstuart.jp/

ジル・スチュアートとは、アメリカ合衆国・ニューヨーク出身のファッションデザイナー、また本人が展開するファッションブランドである。日本のサンエー・インターナショナル系列に属し、姉妹ブランドとして「JILL by JILLSTUART (ジル バイ ジルスチュアート)」や子供服ラインを展開している。また、コーセーがコスメ・香水、セイコーが時計など、これ以外にも複数のライセンス事業会社が存在している。

JILL by JILLSTUART(ジル バイ ジルスチュアート

公式 http://www.jillbyjillstuart.jp/

ジルスチュアートの繊細さを継承しつつ、お洒落な日常といった、よりデイリーさを意識した素材選び、デザインとなっている。

Lilidia(リリディア)

公式 http://lilidia.com

株式会社バロックジャパンリミテッドが、2012年春より運営を開始したブランド。クリエイティブディレクターを務めるのは中根麗子。彼女は「rienda」のクリエイティブディレクターとしても有名である。

109系のギャルブランドを卒業した20代後半から30代の女性がターゲット。ラグジュアリーな素材やディテールで品格ある大人の可愛らしさを演出。

Lily Brown(リリーブラウン)

公式 http://lily-brw.com/

2011年、スナイデルの姉妹ブランドとして登場。ヴィンテージテイストを現代にブレイクダウン。淡い色味やレトロチックな柄が特徴的な、どこか懐かしい温かみのある洋服ばかり。

LODISPOTTO(ロディスポット)

公式 http://www.lodispotto.jp/

洋傘ショールの専門店から始まった長い歴史を持つアパレルメーカー玉屋から生まれたブランド。若々しさを感じる甘いテイストは清楚なお嬢様のような雰囲気。

L'EST ROSEレストローズ

公式 http://www.lestrose.co.jp/

バラをメインにしたフラワーモチーフが特徴的なフェミニン系ファッションブランド。トーンを抑えた色使いや質感高い生地は大人っぽさを醸し出す。生地や縫製にもこだわっているので価格は高めの設定。同テイストのブランド中でも高い品質を追求しているレストローズは珍しい存在。

Linetta(リネッタ)

公式 http://linetta.jp

有限会社ゴーインターナショナルが運営。Crispから生まれたブランド。

コンセプト『"ラフ&フェミニン"をコンセプトに、大人かわいいアイテムを展開します。気取りすぎず、自然に、自由にファッションを楽しむ女性の為のブランド。』公式HPより

LAISSE PASSE(レッセパッセ)

公式 http://www.laissepasse.com/

1986年創立の株式会社レッセ・パッセのブランド。ブランド名は「自由気まま」を意味するフランス語。20代を中心に、特に清楚系を好む学生に人気がある。また、女子アナが着ていそうなイメージもあり、相手に対して好印象を与える不思議な魅力がある。

2007年には、姉妹ブランド「Debut De Fiore (デビュー・ド・フィオレ)」をスタート。こちらはレッセパッセよりも大人な雰囲気。

Language(ランゲージ)

公式 http://language-s.jp

株式会社キャンデラインターナショナルが展開するブランド。

コンセプト『時代の変化に共感しながら、新しい女性像を創造し大人の女性がファッションを通して上品で甘美的な感性を持ち続けられるようにまた、都会の日常を解放的に過ごしまとうこと、装うことで感じることができる心地よい贅沢をCLOTHING&STYLEで追求している』公式HPより

MAJESTIC LEGONマジェスティックレゴン

公式 http://majesticlegon.jp

1987年ブランドスタート。大人の女性に憧れる女の子に向けた「ちょっとキレイでちょっと可愛い」親しみのあるフェミニンスタイル。

mysty woman(ミスティーウーマン)

公式 http://www.mystywoman.jp/

「PAGEBOY」や「laboratory work」と同じ株式会社アリシアが展開するブランド。ベーシックカジュアルを基本としたトレンドスタイルを提案。凛とした透明感があり、カジュアルな中にガーリー&フェミニンテイストをトッピング。PAGEBOYより女の子っぽさがある。

michellMacaron(ミシェルマカロン

公式 http://michellmacaron.jp/

SやXSなど、小さいサイズ専門のレディースブランド。着られる方が限定されるのは非常に珍しい。小さくても上品で大人のフェミニンスタイルができると言うことを証明してくれるブランド。

MISCH MASCH(ミッシュマッシュ)

公式 http://www.mischmasch.jp/

株式会社玉屋が運営するブランド。可愛らしさと知性、甘さとクールさの両面を持ち、多くの女性が理想とするスタイルを実現してくれる。女子力をアップさせるブランドとしても名高い。リーズナブルなこともあり、ターゲット層の世代は20代を中心に幅広く設定されている。

MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)

公式 //brand.mercuryduo.com/

2003年、渡辺由香がプロデューサー兼デザイナーとして立ち上げた神戸発のファッションブランド。基本的なデザインコンセプトは、神戸や芦屋・西宮の優雅で落ち着いたお嬢様的なファッションがベースで、ゴージャスでフェミニンタッチのニュートラッド系。パステルカラーを基調としている。毎年のテーマは異なってもエレガンスは外さない。若々しい40代女性や大人の女性に憧れを持つ10代の女の子にも高い人気を誇っているのも頷ける。

MERCURY (水銀・水星)とDUO (2対の)をあわせた造語で、形のとどまらない水銀のように自由にスタイルを変え、一つのイメージにとらわれない女性をイメージ。

MICHEL KLEIN(ミッシェル クラン)

公式 http://www.michelklein.jp

ミッシェル・クラン (Michel Klein, 1957年生まれ - ) は、フランスのファッションデザイナー、及び自身の名を冠したファッションブランド。

ミッシェルクランのファーストラインで、主にキャリアOL層を対象に定めている。スタイリッシュでありながらエレガントさがある。その色使いはリッチ感が漂い、着回しができるシンプルなシルエットを追求している。

【関連ブランド】

MILLION CARATS(ミリオンカラッツ)

公式 http://www.millioncarats.jp

コンセプトは「フリーダム」。自由な発想でオシャレを楽しむ女性に向けた大人可愛いファッションブランド。2009年、はるやま商事がミリオンカッツ事業をスタート。

2012年秋、瀧定大阪株式会社は、アジア系の投資会社と共同で、はるやま商事から「ミリオンカラッツ」を買収。同年11月1日付で、同社のグループ会社として株式会社ミリオンカラッツを設立した。

NATURAL BEAUTY BASICナチュラルビューティーベーシック

公式 http://www.naturalbeautybasic.com

株式会社サンエー・インターナショナルがブランド立ち上げ以来展開してきたが、2014年3月のTSIホールディングスによる事業再編に伴い、株式会社サンエー・ビーディーに継承された。

コンサバ過ぎない大人可愛い雰囲気。しっかりとトレンドを意識しつつも、着回しの利くベーシックなアイテムが豊富で安定感がある。価格も高すぎず、20代女性から高い人気を得ている。

Ninamew(ニーナミュウ)

公式 http://www.ninamew.com

2007年、株式会社デフィが立ち上げたブランド。ブランド名は、ファッションプロデューサーの内田新菜 (Nina Utida) の「Nina」と、英語で猫の鳴き声を意味する「mew」を組み合わせた造語。

程よい甘さを加えた洋服たちは、オフスタイルもデートもカジュアルなパーティーにも馴染むことができる。

one after another NICE CLAUP(ワンアフターアナザー ナイスクラップ

公式 http://www.niceclaup.co.jp/

トレンドを程よく取り入れたベーシックなデザインが多い。比較的リーズナブルな価格設定なのも魅力的。

PEACH JOHNピーチジョン

公式 http://www.peachjohn.co.jp/

大手衣料品メーカー・ワコールの傘下にあり、若年女性を対象に、下着や衣服の通信販売を行っている。ピーチジョンは女性用下着メーカーだが、質感高いセレカジ系ファッションアイテムが安く手に入ることからファッションブランドとしての人気も高い。日本の女性のカラダを知り尽くした下着ブランドならではのセクシーなシルエットが印象的。若い女性にも求めやすいプチプライスで提供している。

会社名であるピーチ・ジョンとは「桃太郎」を意味している。太郎は欧米でポピュラーな名前のジョンを意訳したもの。初期の通販雑誌「桃太郎通信」の名残り。コンセプトは、『元気・ハッピィ・SEXY』。

PRIME PATTERN(プライムパターン)

公式 http://www.primepattern.jp/

ブランドコンセプトに掲げている「Sweet」で「Feminine」なアイテムが特徴。ナチュラルでスタイリッシュ。大人の女性が愛用するにふさわしい大人可愛いアイテムが豊富で、ベーシックなアイテムをベースに、可愛らしさと共にトレンドを抑えているアイテムが魅力的。大人になったけど可愛いものに囲まれたい、という女性からの人気が高い。

PROPORTION BODY DRESSING(プロポーションボディ ドレッシング)

公式 http://www.proportionbd.com/

きれいになりたい全ての女性に向けたトータルコーディネートをプロデュース。エレガンスでオフィスカジュアルな、ユーティリティブランド。

PAUL & JOE(ポール アンド ジョー)

公式 http://www.paulandjoe.com
日本 http://www.paulandjoe.jp

1995年にフランスで生まれたブランド。創設者兼デザイナーのソフィー・メシャリーは、シャツブランド出身だけあり、芸術的ともいえる個性的なプリント柄のシャツが好評。

REBECCA TAYLORレベッカ・テイラー)

公式 http://rebeccataylor.jp/

1996年、当時30歳のレベッカ・テイラーが、ビジネスパートナーであるエリザベス・ハッチェン (Elizabeth Hutchens) と共に、自身の名を冠したオリジナルブランドをアメリカ・ニューヨークで立ち上げた。向かい合っている2匹の猫がトレードマーク。

「大人のガーリースタイル」などと表現され、基本はフェミニンだが、それにセクシーな要素を少しだけ加えている。素材はシフォン、シルクなど柔らかいものが多く、カラーは白、クリーム、ピンク、パープルなどをベースとした淡い色を用いることが多い。また、スパンコールや花柄プリントも特徴的。

Rew de Rew(ルゥデルゥ)

公式 //rewderew.com

株式会社三鈴が展開するブランド。

上品さと可愛さが絶妙なバランスでちりばめられた、オトナ可愛いスタイルが特徴的。いつもキラキラ輝いていたいお洒落な女性たちのココロを刺激するスタイルを提案。

Rirandture(リランドチュール)

公式 http://rirandture.jp

2011年に株式会社アルページュが設立したブランド。同社は他に「Apuweiser-riche」「JUSGLITTY」なども展開している。

ブランド名の由来は、パリのおしゃれな女の子「リラ」がデザインする、上質で仕立てのよい (オートクチュール) 日常服。

コンセプト『おしゃれを楽しみたい女の子が、いつもと違う自分と出会うための大人カジュアルStyle。上質で遊び心を忘れない「ドレスアップ・カジュアル」を提案。』公式HPより

Royal Party(ロイヤルパーティー

公式 http://royalparty.jp

恵山株式会社 (KEIZAN Co.,Ltd.) が2006年に創設したブランド。トレンドを意識したフェミニンスタイルをベースに、大人の女性の色気をドラマティックに演出するワンランク上のセクシーをリアリティに表現。

セクシーをブランドコンセプトとしていることから、ギャル系ファッションを卒業した女性の受け皿としても人気がある。

Supreme.La.La.シュープリームララ)

公式 http://www.supreme-lala.jp

2009年3月に会社設立をした「株式会社 大西 JamCity 事業部」が運営するブランド。「かわいい」から一歩大人へ踏み出したい女性におすすめ。

『自分自身のライフスタイルを磨きたい。女性の憧れになりたい!そんな自立した新世代の女性に向けた大人SWEETブランド。』公式HPより

the emporiumジ・エンポリアム

公式 http://world-sp.co.jp/brands/the-emporium/

1987年、株式会社ワールドが大阪・ミナミに出店したのが始まり。イギリス・ロンドンの伝統的な文化とアメリカ・サンタフェのインディアン文化をミックスし、世界各国から買い付けた雑貨やアンティークが所狭しと並び、探す楽しみがあるセレクトショップの先駆けとして話題を博した。ファッションの細分化が著しい近年の流行に対応するために、2014年秋冬に大規模なリブランディングを実行。旬なミックススタイルはそのままに、コンセプト、ロゴ、商品を一新、2015年春夏からは店舗アトモスフィまで大幅にリブランディング

新しいストアコンセプトは、「屋根裏部屋の三姉妹」。28歳で一児の母である長女の「レベッカ」は“甘めの大人スタイル”。友達とガールズバンドを組み、書店の児童書コーナーで働いている24歳の次女「エマ」は、“カルチャー的ミックスカジュアル”。大学で考古学を専攻するパパっ子の20歳の三女「セシル」は“ボーイッシュスタイル”と、個性と好みが違う三姉妹のスタイルを設定。共に育った屋根裏部屋をイメージした店舗空間で、姉妹が洋服の貸し借りをするような旬のミックスコーディネートを提案。

titty&Co.(ティティーアンドコー)

公式 http://tittyandco.com/

2008年にブランドスタート。雑誌「ViVi」「JELLY」などへの掲載も多く、10〜20代前半の女性に人気がある。SWEET&CUTEをテーマに、ベーシックなアイテムにトレンドを織りまぜたスウィートカジュアルMIXスタイルを提案。

TRALALA(トゥララ)ブランド終了

公式 http://tralala-net.com/

㈱ヴェント・インターナショナルが展開するLIZ LISAの姉妹ブランド。2003年「TRALALA de LIZ LISA (現・TRALALA) 」スタート。ロマンティックでエアリーなスタイルが特徴。10代から20代の主に若い女性をターゲットにしていて、LIZ LISAには無いポップで小悪魔系の要素を含んでいる。なお、「TRA-LA-LA」は英語圏において楽しいときに歌の中などで歓喜・陽気を表現する発声のこと。

2006年には㈱クロスプラス連結子会社となり、着実にブランドは成長していく。しかし、ファッション系統のトレンドが移り変わるとともに2013年〜2016年頃にかけてブランドの集約や不採算店舗の閉店を進め、LIZ LISA系列ブランドショップの閉店が相次いだ。そして、2016年1月付けで親会社の㈱クロスプラスは㈱ヴェント・インターナショナルを解散し、LIZ LISAは新たに設立された㈱リズリサホールディングスとその子会社の㈱LIZ LISAのブランドとしてリスタート。TRALALAは終了となった。

TOCCA(トッカ)

公式 https://www.tocca-japan.com/
オンワード・クローゼット

米国ニューヨーク発のファッションブランド。イタリア語のブランド名"TOCCA"は、英語の"TOUCH"に相当する言葉。思わず触れてみたくなるようなクラシカルで美しい刺繍や豪華な生地へのこだわりを表現している。

フェミニンで優雅なドレスはトッカの代表的なアイテムとして人気が高く、世界のセレブリティにもファンが多い。

日本では、オンワードグループのバスストップ社が1996年に独占輸入販売権を取得。そして、2010年 には株式会社オンワード樫山アロマキャンドルや香水などの「TOCCA BEAUTY」を除く商標権を取得した。

WILLSELECTION(ウィルセレクション)

公式 http://willselection.com

「サマンサタバサ」のアパレル部門会社バーンデストジャパンリミテッドが展開するレディースファッションブランド。SWEETでエレガンスをベースに、素敵な大人の女性に憧れる女の子たちに贈るブランド。キュートでアクティブなガーリッシュ。上品でシンプルながらも、甘くフェミニンなスタイリングが特徴。ルームウェアラインとして「Willmoon(ウィルムーン)」がある。

組曲(クミキョク)

公式 https://www.kumikyoku.jp/
オンワード・クローゼット

株式会社オンワード樫山が展開する、「23区」に続く同社の主力ブランド。1992年秋に誕生。

"進化する定番”をコンセプトに、いつの時代も変わらず愛される飽きのこない質の良さ、心地良さ、品の良さを追求し、程よくトレンドのエッセンスを加えたナチュラルでシンプルなフェミニンカジュアル。20代~30代の女性を対象に常に時代性を取り入れた組み合わせが自由に楽しめる。

組曲ジュエリーという派生ラインもある。

31 Sons de mode(トランテアン ソン ドゥ モード)

公式 https://31sdm.jp/
Twitter https://twitter.com/31sonsdemode
Instagram https://www.instagram.com/31sonsdemode/
Facebook https://www.facebook.com/31Sonsdemode.official/

“Sweet Eleganceな新しいコンサバスタイル”をコンセプトに、31日間 (毎日) のオン・オフのファッションをトータルコーディネートで提案するブランド。