ファッション&コスメのライフスタイルブログ

ファッション&コスメのライフスタイルブログ

#トレンドファッション #コーディネート #ブランド #美容 #コスメティック #ネイル #かわいい #おしゃれ

洋服を探す

ナチュラル系ファッションブランド&セレクトショップ一覧【その1】

ナチュラル系ファッションとは?

シンプルでゆったりしたシルエットが中心のファッションで、世代を問わず全年齢の女性に人気がある。亜麻を原料にして作られた織物であるリネンや、魅力あふれる素朴な生成り色を取り入れるとナチュラルテイストが一層増す。雑誌でいうと宝島社の「リンネル」ナチュラル系にあたる。

生成りとは、生糸や未漂白の麻の色。淡くグレーがかった黄褐色を指す。フランス語では「écru(エクリュ)」と表現される。

ナチュラル系ファッション

abahouse devinetteアバハウス ドゥヴィネット

公式 https://abahouse.co.jp/
Instagram https://www.instagram.com/abahouse_devinette/

株式会社アバハウスインターナショナルが展開するメンズブランド「アバハウス」のレディースライン。

同価格帯の他ブランドと比べると上質な素材を使用しており縫製も丁寧。素材や質感を楽しめる大人の女性に向けたカジュアルブランド。20代後半になって若者向けカジュアルから大人テイストに移行したいという人にオススメできるブランドである。

【沿革】

1978年 メンズカジュアルブランド「アバハウス」をスタート。
1986年 (株)アバハウスインターナショナル設立。
1988年 初のレディスブランド「アバハウス・ドゥヴィネット」をスタート。
1990年 「5351プール・オム エ ラ ファム」をスタート。
1991年 雑貨部門として「アルフレッド・バニスター」をスタート。
1996年 レディスカジュアルブランド「ルージュ・ヴィフ」をスタート。
2000年 メンズブランド「デザインワークス」、レディス雑貨ブランド「インターステイプル」をスタート。
2001年 インテリア雑貨事業部「コレックス」をスタート。
2003年 レディスブランド「カリテ」をスタート。
2004年 「デザインワークス」のレディスラインをスタート。
2005年 メンズブランド「ナイジェル・ケーボン」をスタート。
2008年 メンズブランド「ショール」をスタート。中国にAbahouse Shanghai Officeを設立。
2010年 レディースブランド「ノミネ」フランスにAbahouse Paris Office 設立。ABAHOUSE INTERNATIONAL(ASIA)Trading Co.,Limitedを設立。
2011年 レディス雑貨ブランド「ピシェ アバハウス」をスタート
2013年 ライフスタイルブランド「マイセルフ アバハウス」をスタート

Another Edition(アナザーエディション)

公式 http://www.another-edition.jp/

セレクトショップユナイテッドアローズがプロデュースしたストアブランド。2001年2月、旗艦店を原宿の神宮前2丁目に構えたのが始まりで、はじめは実験店としてのスタートだった。

ユナイテッドアローズとは違う、「ANOTHER (別のモノ) 」「EDITION (編集) 」をテーマに打ち出し、オリジナル商品を中心に国内外からセレクトした幅広いアイテムを取り揃える。ややストリート系に近い感覚で大人っぽさも合わせ持つ。個性を発揮したい女性向けのブランドで、20代前半のこだわりの強い女性がターゲット。

AS KNOW AS(アズノゥアズ)

公式 https://www.asknowas.com/

AS KNOW AS (アズノゥアズ) とは、厳密にはブランド名ではなく、日本のアパレル会社の社名である。1989年4月に浅見英理氏と渡部宏樹氏によって東京・渋谷にて創立された。社名は「知る人ぞ知るブランド」という想いを込めて命名さた。展開するブランドは以下。

姉妹ブランド

as know as de base(アズ ノゥ アズ ドゥ バズ)

1992年11月にスタートした最初のブランド。ディテールに懲り、かわいらしさの中にちょっと大人な雰囲気が漂う。

AS as know as(エーエス アズノゥアズ)

AS KNOW ASのアドヴァンスライン。ラスベガスの展示会「Project」に出展、海外のショップでも販売されている。

AS KNOW AS olaca(アズ ノゥ アズ オオラカ)

ぽっちゃりなおおらかサイズ (Lサイズ)を展開するライン。

AS KNOW AS PINKY(アズ ノゥ アズ ピンキー)

20代前半の女性に人気のキレイめカジュアル。豊富なカラー展開と良質素材に定評がある。

aszakka(アザッカ)

小物ライン。

as know as de wan(アズ ノゥ アズ デ ワン)

ドッグウェア。

alacrity(アラクティー

公式 http://www.pharaoh-alacrity.com/

株式会社ファラオが運営するブランド。

コンセプト『オーガニックCOTTON,ガーゼ等、天然素材を基本としたナチュラルベーシックカジュアルです。天然素材を使うことによって自然に近い風合い、肌触り、そしてなによりも心に優しい商品を作っていきたいと思っています。無心でフラットな気持ちのデイリースタイルを提案していきます。』公式HPより

altaenativeオルタナティブ

公式 https://www.alternativeapparel.com/

1995年にグレッグ・オルターマン (Greg Alterman) が設立したアメリカのアパレルブランド。本社はアメリカ・ジョージア州アトランタに位置し、デザインはカリフォルニア州ロサンゼルスのデザインラボから生み出されている。

ゆったりしたシルエットにナチュラルカラーを組み合わせたイージーファッション。オーガニックコットンで作られたカットソーやパーカー、洗いをかける事でヴィンテージ風の柔らかい手触りを実現したリネンのワンピースなどが人気。

株式会社キッチンアンドカンパニー

http://kitchenandco.net/

日本では2014年9月9日に、株式会社キッチンアンドカンパニーと代理店業務の委託契約を締結。その後移行期間を経て2015年1月15日より「Alternative (オルタナティブ) 」ブランドの正規代理店としてすべての業務内容を同社に集約することとなった。キッチンアンドカンパニー社は、日本未上陸の海外ブランドや製品を展開する目的で2013年11月22日に設立された会社である。

a+koloni(コロニー)

公式 http://www.pharaoh-alacrity.com/

株式会社ファラオが運営するブランド。

コンセプト『koloniは市民農園の事でストックホルムの人たちがガーデニングを楽しむ為の場所です。そんなライフスタイルをイメージしたブランドです。自然と向き合う心のゆとりをもった生き方って素敵ですよね。ちょっとしたプラスアルファを素材やデザインで表現していきます。』公式HPより

agplus(エージープラス)

公式 https://ailand-store.jp/agplus/

株式会社ジャパンイマジネーションが運営するブランドの一つ。同社は「CECIL McBEE (セシルマクビー) 」を展開していることでも有名で、「エージープラス」はカジュアルラインを強化したブランドである。

コンセプト『ナチュラルな中に自分なりのこだわりを持つ女性へ向け、ベーシックにシーズンごとのトレンド要素をプラスした 等身大のカジュアルスタイルを提案するブランド』公式HPより

a piece of Library(アピースオブライブラリー)

公式 https://lifewares-web.com/

新潟県の株式会社ライフウェアーズ アンド カンパニー (Lifewares &Co.) によってに創設されたブランド。

シンプル&ナチュラル。着ていくうちに馴染んでいく心地良さを体感できる。季節に合わせた重ね着スタイルもシンプル故にキレイにまとまる。

ADIEU TRISTESSEアデュートリステス

公式 https://www.adieu-tristesse.jp/

株式会社ビギが運営。優しいフレンチスタイルにナチュラルな要素が加わった大人可愛いコーディネートが魅力。

コンセプト『ノスタルジックなテイストをベースに、フレンチトラッドの優しい着こなしと、こだわりのある素材感・デザインで大人のカジュアルを表現』公式HPより

AIGLE(エーグル)

公式 https://www.aigle.co.jp/
エーグル (AIGLE) レディースウェア

1853年、ヒラム・ハッチンソン氏がフランス・ロワール地方モンタルジにゴム工場を設立。チャールズ・グッドイヤー氏からゴム製法の特許を買い、ラバーブーツの生産を始める。

現在でもエーグルのラバーブーツは有名で、アパレル分野ではアウトドアウェアの評価が高い。

【沿革】
  • 1920年代、パリでブレイクしたことでエーグルの名が広く知られるようになった。
  • 1950年代、テニスシューズなどスポーツ関連のアイテムを展開。
  • 1967年から68年にかけて、モンタルジからエグランデへ工場を移す。
  • 1973年、乗馬ブーツ「エクイヤー」発表。
  • 1980年代、「NIKE (ナイキ) 」や「adidas (アディダス) 」などのブランドがスポーツウェア分野で飛躍したため、エーグルはスポーツではなくアウトドア方面にシフトチェンジする。
  • 1993年、日本ではヤマトインターナショナルと提携して展開。東京・渋谷に初の路面店をオープンする。
  • 2009年にはスタジオジブリとのコラボで「借りぐらしのアリエッティ」の主人公が使っていたショルダーバッグを発売し話題となった。

arome de muguet(アロマドミュゲ)

公式 https://www.tiara-inc.co.jp/

株式会社ティアラが運営。ブランド名はフランス語で「すずらんの香り」という意味。シュシュドママンの洋服に合うシンプルな革のバッグを制作している。

ティアラ社は3つのブランドを展開している。洋服全般を手がける「chou chou de maman (シュシュドママン) 」、バッグやシューズなど服飾雑貨を揃える「Arome de muguet (アロマドミュゲ) 」、生活雑貨を扱う「Tiara zakka (ティアラザッカ) 」。

ARMEN(アーメン)

公式 http://www.armen.jp/

1948年創立。創立者はアーンスト・シャルパンティエ。フランスのブルターニュ地方カンペールでワークウェアや学校の制服の製造販売会社として起業。

コンセプト『フランス北西部のブルターニュ地方、 カンペールがブランド発祥の地です。 この地方は5世紀頃にブリテン島から ケルト人が多く移住し、独自の文化圏を 形成してきました。この"ARMEN"という 名前も彼らの言語であるブルトン語で 「灯台」を意味します』公式HPより

archives(アルシーヴ)

公式 http://www.pandm.co.jp/brand/archives/

1994年、東京・日本橋の株式会社ピーアンドエムが運営するブランド。ブランド名はフランス語で「古文書、古い記録」という意味。

コンセプト『常に“NEW”を求める女性達へ。今取り入れたい旬なトレンドアイテムをMIXし、archivesらしいライフスタイルを提案します』公式HPより

ARTS&SCIENCE(アーツ アンド サイエンス)

公式 https://arts-science.com/

2003年にスタイリストのソニアパーク (Sonya Park) により創設されたセレクトショップ、及びそのオリジナルブランド。

彼女は、洋服が常に着るもので日常に不可欠な存在であるならば、肌触りの良い素材や、ヴィンテージのデニムのような"年月を経るほどに深みの増す"素材が必要と考えた。手織りや仕立てにおいて、日本の高い職人技術にたどり着いた彼女のその思想は、アーツ&サイエンスのオリジナルの全てに反映され、オリジナルだけではなく、国内外から選ぶアイテムにも影響している。

ATELIER EQUAL(アトリエイコール)

公式 https://equal-web.co.jp/

大阪に拠点を構える株式会社イコールが運営。さりげなくディティールにこだわったベーシックな服が揃っている。

コンセプト「”毎日じゃぶじゃぶ洗える普段着”をコンセプトに、 気軽にそしてリーズナブルに普段からお洒落を楽しんでほしいという思いから生まれたブランド」公式HPより

AURORA SHOESオーロラシューズ

公式 https://www.aurorashoeco.com/

アメリカ・ニューヨーク州の北西部、カナダとの国境に近いカユーガレイク河畔にあるオーロラという小さな村で作られている。オーナーはMJ (メリー・ジェーン) 。家族経営の小さな工房のため、一ヶ月に作る靴の量は600足が限度で、11人の職人がほぼ手作業で製作している。

もともと欧米人に合わせた木型で作っているオーロラシューズは、日本人の平均的な甲高甲広の足型では窮屈に感じることが多く、ジャストフィットすることは稀である。しかし、革の特性として履きこむうちに革が伸びて足にフィットするようになるので、ジャストサイズもしくは少しきついかな?と思うぐらいが丁度良く、次第に足に馴染んでくる。

オーロラシューズを最初に雑誌「オリーブ」で紹介したのは岡尾美代子だが、そのオーロラシューズを最初に日本のお店で取り扱うようになったのは、神奈川県葉山にあるSUNSHINE+CLOUD (サンシャインプラスクラウド) である。もともと、こちらの店に参考商品として置いてあったオーロラシューズを岡尾が紹介し、問い合わせがSUNSHINE+CLOUDへ殺到。その後、取り扱いを始めた。今では取扱店も全国に広がり増えているが、手作りであること、日本には年間で400足しか入ってこない為、入手には時間がかかるのが現状である。

arcatere(アルキャトル)

公式 http://www.yamato-dress.co.jp/

東京のヤマトドレス株式会社が運営している。

コンセプト『クリーンでエレガントなイメージに、小粋な遊び心をプラスした日常スタイルのブランド。オンもオフも楽しめる、アニマルプリントやボーダーなど、女性らしさを演出するオリジナルファブリックで提案しています。』公式HPより

ALL ORDINARIES(オールオーディナリーズ)

公式 http://www.allordinaries.co.jp/

1988年に東京の株式会社ジェネラルパブリックが創設したブランド。

ウェア・雑貨の販売をパルコなどで店舗展開しており、オリジナルアイテムと海外でセレクトしたアイテムを販売している。

armoire*(アルモワール)

公式

「armoire」とは仏語で「クローゼット」という意味。自宅のクローゼットを開けお気に入りのお洋服を着る、その幸せのお手伝いが出来るようなブランドをめざしている。

リネンやコットンなどの天然素材を使用したガーリーでフレンチな風合いの婦人大人服のarmoire* (アルモワール) 、オリジナルアクセサリーのmalle la brocante (マルラブロカント) 。フレンチアンティーク雑貨・手芸品など沢山の商品を取り揃えている。

ANTIPAST(アンティパスト)

公式 http://www.antipast.jp/

アンティパストは日本のソックスブランド。デザイナーはジヌシ ジュンコとカトウ キョウコ。共同で製作しはじめたことを機に、1991年、Coup de Champignonを設立。92年、アンティパストとしてデビュー。2005年春夏シーズンよりアクセサリー中心のアンティパストに加え、ウエアーを中心とした 「+ANTIPAST (プラスアンティパスト) 」をスタート。

コンセプト『イタリア料理の前菜であるアンティパスト。メインデッシュを洋服とすると、小物は洋服をより素敵に着こなすための前菜です。ファッションの楽しみを刺激する、そんな存在でありたいとANTIPASTと名付けました。また、ANTI-PAST “過去ではなく”=未来に向かって の意味をこめて、自由なスタイリングやコーディネイトを楽しむためのオリジナリティのあるものつくりを目指しています。』公式HPより

Antgauge(アントゲージ)

公式 http://www.antgauge.com/

有限会社スペシャルが運営。世界有数のデニムファクトリーが集結する岡山県倉敷市を拠点をとしている。

コンセプト『2001年にスタートしたアントゲージは、世界各国のストリートカルチャーと、ワーク、ミリタリーといった機能的で美しいデザインを、独自の視点で融合させた、“洗練されたカジュアルウェア”を提案しています。』公式HPより

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティーアンドユース ユナイテッドアローズ

公式 http://www.beautyandyouth.jp/

株式会社ユナイテッドアローズが展開するレーベルの中でも主要なラインの一つ。

「精神的な美しさ」「若さの永続」をテーマに、自由な発想から生まれる遊び心のあるアイテムを、手の届く値段で提供するカジュアルウェアを軸としたストアブランド。

Betty Smithベティスミス)

公式 https://www.betty.co.jp/

1962年に創業を開始。1970年 にビッグジョングループのガールズ事業部よりブランド「ベティスミス」が誕生。その後、1981年に株式会社ベティスミスを設立した。

日本初の国産ジーンズブランドであるビッグジョンのレディースラインとして誕生したが、創立当初より生産は、ビッグジョンではなく、請負工場として「大島被服 (現・ベティスミス社) 」が手がけており後に完全にブランドとして独立した。

それまでジーンズといえばノンセックスのイメージが一般的だったが、同ブランドは「女性のためのジーンズ」というテーマを明確に打ち出し、レディースジーンズの草分け的存在となった。

ビッグジョンもベティスミスも、日本におけるデニム発祥の聖地である「岡山県倉敷市児島」に本拠を置き、国産ジーンズ史を築き上げてきた会社である。

bulle de savon(ビュル デ サボン)

公式 http://www.ambidex-store.jp/shop/c/c0303/

1994年8月、株式会社アンビテックスのオリジナルブランドとしてスタート。ブランド名のbulle de savon (ビュル デ サボン) とは、フランス語で“シャボン玉”を意味する。

コンセプト『女性、誰もがふっと子供の頃を思い出し、少女の様な気持ちに戻れる服』公式HPより

B.L.U.E.(ビーエルユーイー)

公式 http://www.blue-home.gr.jp/

株式会社キャンが展開するアメリカンカジュアルブランド。2001年に誕生。

コンセプト『アメリカヴィンテージをイメージしたジーニング・リラックス・ワークをベースとし、ボーイズライクなスタイリングを軸に、トレンドを意識した遊びゴコロのあるアイテムとのMIXスタイルで着こなしやすく鮮度のあるスタイリングを提案していきます。』公式HPより

【追記】

2015年に「B.L.U.E.」から「Samansa Mos2 blue (サマンサモスモスブルー)」に改名。

Balcony and Bed(バルコニー アンド ベッド)

公式 http://www.ms-lab.com/

「Balcony and Bed」は、2006年に武蔵野美術大学出身のデザイナー・野口アヤが立ち上げたオリジナルブランド。リラックス感のある、アンティーク感覚のデザインが特徴。

2004年、代官山に日本家屋をリノベーションしたショップ「Balcony (バルコニー)」を出店したところから活動がスタートした。改装前から2階にあった大きなバルコニーがショップ名の由来。

2013年にマッシュホールディングスの傘下となる。2014年にはセレクトショップ「Salon de Balcony (サロン ド バルコニー)」がオープン。「Salon de Balcony」は元々、姉妹ブランドの「FURFUR (ファーファー) 」や「BALCONY AND BED (バルコニー アンド ベッド)」などを取り扱うセレクトショップの屋号の名称として展開していたが、オリジナルブランドとしてもデビューした。

【沿革】
  • 2000年 「株式会社フレーバ」設立
  • 2006年「Balcony and Bed」スタート
  • 2012年 「株式会社やまと」と経営統合
  • 2013年 「株式会社マッシュライフラボ」に吸収合併
  • 2014年 セレクトショップ「Salon de Balcony (サロン ド バルコニー)」がオープン
  • 2017年 セレクトショップ「Salon de Balcony」が休止
  • 2017年秋より、「Balcony」だった日本家屋をアートギャラリー「SISON GALLERy (シソンギャラリー)」として改装、経営とディレクションを開始。ファッションだけにとどまらない個人のクリエイション活動もスタート
【追記】

マッシュホールディングスが展開するセレクトショップ「Salon de Balcony (サロン ド バルコニー)」が、2017年秋冬シーズンをもって活動休止。それに伴い、新宿ルミネ1の店舗は2018年1月28日で閉店。

Beaumont Organic(ボーモント オーガニック)

公式 https://www.beaumontorganic.com/

イギリス人のHannah Nicole (ハンナ・ニコル) にいより、2008年に設立したブランド。

ブランド創設直後、2008年にイギリスの「Natural and Organic Awards 2008」でBest Organic Textile Productを受賞。オーガニックの精神と倫理観を兼ね揃えた、豊かさと贅沢さを表現する実力派のブランドである。

「The Natural and Organic Awards」とは、オーガニック関連の分野で最も権威ある商業イベントで、老舗企業の新作発表と新しい企業のお披露目展示を兼ねて行われるイベントである。

BIRKENSTOCKビルケンシュトック

公式 https://www.birkenstock.com/jp

踵からつま先にいくにつれ、幅広になっていくユニークなデザインが特徴。同社製サンダルに似た形状のものを「ビルケン型サンダル」と省略して呼ぶこともあり、サンダルのメーカーとして確固たる地位を築いている。

ドイツでは、歩行リハビリの靴として認められており、100%医療保険が適応される。アメリカでも50%保険適応される。残念ながら日本ではファッション靴としての位置づけられているので、保険適応にはならない。

【沿革】

1774年、創始者ヨハン・アダム・ビルケンシュトック (Johann Adam Birkenstock) が教会の公文書に「臣王の靴職人」と登録される。

1913年、コンラッドの長男で整形外科医のカールが入社。カールはフットベットの進化と医学的な側面からの靴作りに大いに貢献する。

1915年、戦中、コンラッドはフランクフルトのフリードリヒスハイムの野戦病院で、負傷兵のための整形外科靴の製作に従事する。

1962年、ソール部分はそのままにサンダル形状が発表される。これをヒッピーがファッションに取り入れたのを機に、ジーンズやTシャツなどラフな格好にビルケンシュトックを合わせるスタイルが生まれる。

1963年にファーストモデルMADRID (マドリッド) 誕生。73年にARIZONA (アリゾナ) 誕生。78年にBOSTON (ボストン) 誕生。

2002年に、代理店であった三栄コーポレーションが日本法人を設立し、直営店を運営している。子ブランドの「TATAMI」「BETURA」はシードコーポレーションがライセンス契約している。

ブランドライン

Papillio(パピリオ)

1989年発表。鮮やかな蝶に由来し、その名の通りカラフルなプリント、多彩なカラーリングとデザインを揃えている。

Birki's(ビルキー)

1993年発表。レジャーやアウトドアで活躍するアイテムが揃う。

Footprints by BIRKENSTOCK(フットプリンツ

1995年誕生。スニーカー、ブーツ、ドレスシューズ等フットウェアのフルラインナップが揃う。

ALPRO by BIRKENSTOCK(アルプロ)

1998年誕生のプロフェッショナル向けのシューズ。耐久性を考えたデザイン設計がされている。また、帯電防止やフッ素加工レザー等、実用性とタフさを兼ね備えた特殊な機能性を持ったアイテムは国内外の医療機関や研究所等で採用されている。

bon vieux temps(ボンビュータン)

公式 https://bon-vieux-temps.jimdo.com/brand/bon-vieux-temps/

1985年にLE ZÉPHYR Co,. Ltdによって大阪府に創設されたファッションブランド。

ブランド名はフランス語で「旧き佳き時代」という意味。ヴィンテージウェアの匂いを感じさせるもの作りをコンセプトに、流行にとらわれない大人の女性のための普段着を提案している。

BOSABO(ボサボ)

公式 https://www.bosabo.com/

1890年創設のフランスの靴メーカー。フランスの伝統的なサボの技術とデザインに基づき、シンプルでファッション性豊かな靴を作り上げている。サボとはフランス語で木靴 (sabot) という意味。

boussole(ブソル)

公式 http://www.boussole.co.jp/

2006年創設の日本から世界へ発信するニットブランド。boussoleとはフランス語で羅針盤を意味する。

BLANC basque(ブランバスク

公式 http://www.basqueltd.com/

株式会社バスクが2000年に創設したナチュラル系のレディースファッションブランド。

クラシカルなテイストでありながらモダンな感性を忘れない、そんな思いを込めてつくられている。

Bshop(ビショップ)

公式 http://bshop-inc.com/

株式会社ビショップが1993年12月15日に設立した神戸発のセレクトショップ。現在は関東にも店舗を展開している。シンプルでベーシックな定番アイテムが充実している。

beardsleyビアズリー

公式 http://www.beardsley.jp/

大阪に本社を持つ株式会社パルが手掛けるブランド。女性の持つ柔らかさと凛とした雰囲気を醸し出すスタイリングを提案。

BLUCIELO(ブルチェーロ)

公式 http://www.zooizooi.com/

東京・墨田区の株式会社ズーイが運営。ブランド名は「青い空」という意味。見上げればいつも空がある、そんな身近な存在になりたいという想いが込められている。

BLUCIELOから派生したバッグブランド『BLUCIELO nuovo (ブルチェーロヌオーヴォ) 』も展開している。

blue willow(ブルーウィロウ)

公式 https://isworks.jp/

2013年12月に設立された株式会社アイズワークスが手掛けるブランド。大阪に本社を構えている。ブランド名はイギリスの伝統的な陶器の柄が由来。ゆらゆら風に流れる柳 (willow) は世相に対応できる柔軟性を持ちながら決して屈することのない、強い芯を持ったこだわりを体現。

コンセプト『先染天然素材に特化し、糸から風合い全てが生産地の技術者のもとで企画製造したオリジナル素材。中心となるリネン素材はつややかな表面の仕上がりをおさえてマットに仕上げ、シャリ感、糸のムラ感など、ナチュラルな雰囲気を表現。布帛素材に関して糸・染色・打ち込み・織り・デザイン・縫製まで全てを一貫して製造しています。』公式HPより

Brocante(ブロカント)

公式 http://www.brocante.bz/

岡山県倉敷市を拠点とする株式会社ドミンゴが運営するブランド。レディースジーンズがメインの「D.M.G」の姉妹ブランドとしてスタート。ナチュラルな風合いのアイテムを展開している。

ブランド名はフランス語で古道具、市場を意味する。およそ100年ほどの年月のたった日常的な生活用品、古道具、そういったもののみが集められた市場の意としても用いられる。何代もの人の手に渡り、生活に根付いて時を経てきたものからインスピレーションを受けて、モノ作りをしている。

bulbul(バルバル)

公式 http://fsn1995.jp/

株式会社フォー・シーズンが運営するプランド。

コンセプト『2012年春夏よりブランドスタート。素朴でシンプル、心地よい素材。ずっと着てもらいたい、着込んでいくごとに風合いが増していくような、大人のためのウェアです。』公式HPより

Barbour(バブアー)

公式 https://www.japan.barbour.com/

1894年にジョン・バブアーが創設した英国上流階級のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランド。真摯なもの作りとその品質が認められ、1974年にエディンバラ公より、1982年に女王陛下より、1987年にはウェールズ皇太子殿下より、イギリス王室御用達 (ロイヤル・ワラント) の栄誉を賜った。

漁師、河川労働者用のオイルドクロスを使用した防水機能のあるジャケットでバブアーは有名になる。2度の世界大戦ではイギリス軍に防水服の供給に従事するという逸話がある。

現在ではアウトドアウェアだけでなく、日常的なワードローブも製作している。メンズ・レディース・キッズと幅広いアイテムを展開。

日本では株式会社八木通商が総代理店を務め、2013年に初の旗艦店を東京・渋谷の明治通りに出店した。

主なモデルライン

BEDALE(ビデイル)

乗馬用に開発されたオイルド ジャケット。ラグランスリーブ、サイドベンツ、ハンドウォーマー、袖口のリブ等のディテールが特徴的。

BEAUFORT(ビューフォート)

ハンティング用として開発されたバブアーを代表するオイルド ジャケット。ゲームポケットと呼ばれる、ハンティングで得た獲物を入れる大きなポケット付。

INTERNATIONAL Jacket(インターナショナル ジャケット)

モータースポーツ全盛期に、バイカーズ ジャケットの代名詞となった。1936年に発表した、ブランドを代表するモデル。

BLACK SHEEP(ブラックシープ)

公式 https://www.blacksheepknitwear.com/

1966年、創業者クレア・ホーア女史がブラック・ウェルシュ・マウンテン・シープという羊の中では最高峰といわれるイギリス産の唯一の黒毛の品種を6頭飼育することから始まった。

ブラックシープは毛に含まれる脂肪分が非常に多く、通常は脱脂、脱色、染色と非常に手間がかかるためほとんど使われない品種だったが、そこをあえて染色は一切せずに適度な脱脂のみで原毛を紡ぐことによって、ほかの羊毛よりもはるかに保温性、撥水性に優れた毛糸を作ることに成功した。以後この黒毛の羊から刈り取られた羊毛はピュアナチュラルオイルドウールとして珍重されるようになった。

こうして作られたニットウェアは、アウトドアは勿論、タウンウェアとしても世界各国で愛用されるほどまでに成長した。日本では近年ウェアのみならずマフラー、手袋などアクセサリーも充実している。

BENSIMON(ベンシモン)

公式 https://www.bensimon.jp/
Twitter https://twitter.com/bensimonbrand
Instagram https://www.instagram.com/bensimon_japan/
Facebook https://facebook.com/Bensimon

フランスのベンシモン兄弟が祖父から古着屋を引き継いだことから始まり、1980年にブランドが生まれた。フランスでは知らない人はいないというほどポピュラーな履き心地抜群の老舗シューズブランド。くたっとした柔らかいシルエットと軽い履き心地が特徴的。カラーバリエーションも豊富。

BNT(ビーエヌティー

公式 https://www.bovis.co.jp/

1974年2月に創業を開始した株式会社ボヴィスが展開する広島県福山市発の子供服ブランド。

コンセプトは“昭和の元気な日本の子”をイメージした、ノスタルジックな雰囲気が漂う子ども服。Tシャツの裾やポケットの中には、着た子だけにわかるイジイジ紐が付いている。ついついいじってしまう子どもならではの遊び心と小さな幸せが詰まっている。

BOEMOS(ボエモス)

公式 https://www.boemos.it/

1962年、イタリア・フィレンツェにて創設されたシューズ工場によるファクトリーブランド。長年、欧米の有名ブランドのOEMを手がけてきた歴史を持ち、洗練されたデザインには定評がある。

OEMとは、オリジナル・エクイップメント・マニュファクチャリング (Original Equipment Manufacturing) の略。IBM社が起源の造語とされている。製造メーカーがブランドから依頼を受けて製品を造り、依頼先のブランドが自社ブランド品として販売するシステム。また、製造するメーカーを指す。

C.I.L.(シーアイエル)

公式 http://cosmicinfolink.com/

東京・中野区のレザー会社「コスミックインフォリンク」が展開する靴&バッグブランド。

コンセプト『牧歌的なワンシーンや、心を癒す物たちとスタイリッシュな世界の二面性。流行に左右されない自分らしさを大切にしたデザインと世界観を提案しています。』公式HPより

CALINER(カリネ)

公式 http://caliner.caliner.jp/

ブランド名の由来はフランス語で「可愛らしさ」「そっと優しく触れ合う」という意味がある。いろいろな国の文化に出会って、人と人が作り出す温かさを表現する為に手作業による加工や柄、ディテールにこだわっている。ナチュラルとカジュアルさを合わせ持ったデザインが多く、さりげなくも存在感が漂う。

caqu(サキュウ)

公式 https://www.caqu.jp/

有限会社タンデムが運営。工程のほとんどをハンドメイドで制作するこだわりのある国産デニムのジーンズブランド。ブランド名は「砂空」…ストーンウオッシュの石が砕かれた「砂」、インディゴブルーの「空」を由来に名付けられた。

chloro sisterクロロシスター)

公式 http://thirdsix.co.jp/

大阪の株式会社サードシックスが運営するブランド。

コンセプト『1998年にブランドスタート。大人ナチュラル・フレンチカジュアルの2つのテイストを軸としています。スタンダードな型をベースに遊びを加えているのが特徴で素材・ポケットや衿型などのディテールにこだわり、日々の暮らしを楽しくする様なデイリーウェアを提案しているブランドです。』公式HPより

chou chou de maman(シュシュドママン)

公式 https://www.tiara-inc.co.jp/

株式会社ティアラが運営。ブランド名はフランス語で「ママのお気に入り」という意味。その名の通りママが毎日の生活で着る大人可愛い洋服。雑貨メーカーらしく素材感や細部にこだわった商品が多い。

clueto(クルート)

公式 https://www.clueto.shop/

帆布バッグ、リネンバッグ、レザーグッズなど天然素材のバッグ・雑貨を、神戸の工房で制作している。

公式HPには購入者から提供されたバッグの画像がUPされていて、使用年数に応じた風合いのイメージがしやすい。

congés payes ADIEU TRISTESSE(コンジェペイエ アデュートリステス

公式 https://www.adieu-tristesse.jp/

ブランド名はフランス語で“有給休暇”という意味。アデュー トリステスから生まれたカジュアルライン。休日の普段着を思わせるリラックス感のあるアイテムが揃っている。

タレントの山瀬まみとのコラボレーション企画「こだわりのおうち着」も過去に行っている。

coen(コーエン)

公式 https://www.coen.co.jp/
coen公式ファッション通販

セレクトショップユナイテッドアローズ」が2008年、ファストファッションの台頭に伴いスタートした低価格路線のブランド。高いデザイン性と品質、そしてリーズナブルプライスを実現するためアイテムはすべてオリジナル商品となっている。

コンセプト『ブランドコンセプトは"Casual wear for your own mix-style“です。20代~30代の男女に向け、トレンドをいち早く取り入れた、今の気分を存分に楽しむことができるファッションを提案します。商品ラインアップはフェミニンやトラディショナルなテイストを軸に、デザイン性の高いアイテムと定番のデイリーアイテムをバランスよく取り入れています』公式HPより

cuff(カフ)

公式 http://www.merveilleh.co.jp/brand_category/brandcuff/

株式会社メルベイユアッシュが運営。ブランド名はカフスの単数形に由来する。

コンセプト『ユーモア、ウィット、そして心地よさ。着る人が楽しめる服。自然体でいられる服。cuffは自分のスタンスをもつ大人のための上質な日常着。』公式HPより

Castaner(カスタニエール)

公式 https://www.castaner.com/

1810年創業のスペインの老舗エスパドリーユブランド。エスパドリーユとは、スペイン国境バスク地方発祥の縄底サンダルのことである。

創業者はRafael Castaner氏。1927年にはLuis Castaner氏と従兄弟のTomas Serra氏が工房を開き、世界進出を果たす。1936年のスペイン内戦時中に一時的に国有化され、兵士たちの軍靴となった。そして1960年代、パリの見本市で「イヴ・サンローラン」よりウエッジエスパドリーユの製作依頼を受けたのを機にラグジュアリーブランドへの道を歩み始め、今日まで多くの女性たちの足元を飾ってきた。現在ではエスパドリーユ以外にもサンダルやブーツなども発表している。

これまでエスパドリーユの製作を請け負ってきたブランドは、エルメスルイ・ヴィトンクリスチャン・ディオールラルフ・ローレンなど有名ブランドが名を連ね、今やエスパドリーユ界では最高級ブランドとして知られている。

JUNCAL AGUIRRE(ユンカル アギーレ)

公式
Instagram https://www.instagram.com/juncalaguirre/

1928年創業、スペインのエスパドリーユを代表するシューズメーカー、CALZANOR(カルザノール)社のブランド。

フランスとの国境近くのスペイン北部イルンというリゾートタウンにカルザノール社のファクトリーがあり、ソールからアッパーまで一貫して自社工場で生産している。ソールの材料は麻 (ジュード) が原料で、麻を紐状に編みこんだものをハンドメイドによって足型に作り上げ、ソールとアッパーは、一つ一つハンドステッチによって縫い合わせる。履き心地はとても軽く、ラバーソールによってグリップ感が高められているので歩きやすさも抜群。

履き心地のよさとデザインが受けてヨーロッパ全域で流行。今では、夏の代表的な靴として日本でも定着している。

エスパドリーユとは、フランスとスペインの国境近くの町バスクで使われていた靴底のソールを麻で編んだサンダルのことである。バスク人の民俗的な履き物で、靴底にエスパルトの繊維を編み込んでいたことがその名の由来。

CAMPERカンペール

公式 https://www.camper.com/

1975年、地中海に囲まれたスペインのマヨルカ島で誕生し、4世代に渡って伝統を受け継ぐシューズブランド。カンペールとは、マヨルカ島で話されるマヨルカ語で“農夫”をあらわす。

ファミリービジネスであるカンペールの起源は、アントニオ・フルーシャという靴職人から始まる。1877年にアントニオはシューズ作りの勉強のためにイギリスに渡る。そこで近代的なシューズの工業生産のノウハウを学び、スペインに帰国後すぐにマヨルカでシューズの生産を始めた。

アントニオの息子ロレンソ・フルーシャは、熱意とセンスを父親から引継ぎ、一方で革新的な工業生産を行っていった。

アントニオの孫ロレンソ・フルーシャ・ロセリョーは1975年にカンペールを設立すると、一世期の伝統を基に現代のライフスタイルにあったデザインを取り入れたシューズを発表。1981年にはバルセロナに初のショップをオープンする。その後ヨーロッパを中心に国際的に店舗を拡大。日本でカンペールを展開しているのはサザビーリーグである。

Cath Kidston(キャスキッドソン)

公式 https://www.cathkidston.com/

キャス・キッドソン (Cath Kidston) はイギリスのデザイナー、及び自身の名を冠して設立したブランドの名。

イギリスを象徴するクラシカルなデザインを現代風のポップな感覚と融合させたプロダクトが特徴的である。小花や薔薇、野苺などのモチーフが代表的であり、それらを用いたインテリア・雑貨等で幅広い年代の女性の支持を受けている。

1993年、当時34歳だったキッドソンがロンドンの高級住宅街ノッティング・ヒル近くのホランド・パーク (Holland Park) にショップをオープン。当初はヴィンテージの生地や壁紙、ヴィンテージ家具等を扱っていた。

伝統的な英国カントリースタイルをアレンジしたユニークなアイテムが人気となり、徐々にオリジナルのプリントやデザインが増えていった。かわいらしいデザインで機能性も兼ね備えたキッチン用品やバッグも人気で、世界中の女性から愛されている。ホームウェア、ウィメンズウェア、アクセサリー等幅広く展開し、2008年にはキッズラインもスタート。

2010年2月、イギリスのビジネスへの貢献と成功が認められ、新年叙勲者リストにノミネートされ、エリザベス女王から大英勲章第5位を叙勲された。

日本では2002年から2010年までユナイテッドアローズが主となって展開していたが、2011年春夏シーズンよりサンエー・インターナショナルが日本における輸入販売事業を承継。サンエー・インターナショナルは親会社のTSIホールディングスの事業再編に伴い、2015年8月末でキャス キッドソン事業を終了。

2014年 (平成26年) 11月に英国のキャスキッドソン社が日本での営業拠点として、キャスキッドソンジャパン株式会社を設立。

【追記】

国内のキャス・キッドソンの全44店舗は、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受けて臨時休業となっていたが、営業再開の見通しが立たず、資金繰りが困難になったため、2020年4月22日に東京地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた。

CABBAGES&ROSES(キャベジズアンドローゼズ)

公式 https://www.cabbagesandroses.com/
日本(ワコール) https://www.wacoal.jp/pw/cabbagesandroses/
Instagram https://www.instagram.com/cabbages_and_roses/

イギリス人デザイナーのクリスティーナ・ストラット (Christina Strutt) が創設したライフスタイルブランド。

ヴィンテージを思わせる独特の色合いのファブリックが人気で、上質なリネンのやさしい質感と落ち着いた大人な花柄が特徴的。

※ファブリックとは? ファブリック (fabric) とは、「布地」の意。クロスやカーテンに多く使用される言葉。

【日本】

日本では、2010年9月に株式会社ヰノセントがイギリスのCABBAGES & ROSES社からライセンスを取得。2011年3月、代官山にお店をオープン。2017年6月30日(金)、ライセンス契約終了に伴い、店舗及び通販サイトでの商品の取り扱いを終了した。

2018年、ワコール (WACOAL) が「キャベジズ&ローゼズ」との契約に基づくライセンス商品を9月上旬より発売を開始した。

Carhaix(キャレ)

公式 https://giona.co.jp/

株式会社ジオナが運営するselect shops JuJuから、2010年の秋に誕生したオリジナルブランド。

Carhaixとは、フランスのブルターニュ地方に或る、田舎町の名である。自然で素朴なイメージを表現したいと言う想いから名付けられた。

麻や綿などの天然素材を使用したものから、ドレープ感が出るお置換のある素材まで、女性らしいシルエットやディティールにこだわった商品をコンセプトにしている。

COSMIC WONDERコズミックワンダー

公式 https://www.cosmicwonder.com/ja/

現代芸術家の前田征紀氏によるファッションブランド。1997年頃に「COSMIC WONDER」をスタートする。2000年にパリコレクションに参加。2007年には「COSMIC WONDER」内のファッションプロジェクトとして「COSMIC WONDER Light Source (コズミックワンダーライトソース) 」を立ち上げた。

chambre de charme(シャンブル ドゥ シャーム)

公式 http://www.ambidex-store.jp/shop/c/c9090/

株式会社アンビデックスから1987年にスタートたセレクトショップ、及びそのオリジナルブランド。ブランド名はフランス語で"すてきな部屋"という意味。

「Daily Style for Every Comfortable Life (すべての快適な生活のためのデイリースタイル) 」をコンセプトに掲げた、シンプル&ベーシック。上質な素材で甘さを抑えたワンランク上のナチュラルスタイルを楽しめる品揃えとなっている。

Coupole(クーポール)

公式 http://coupole.jp/top.html

有限会社グランプリュムが運営。ブランド名は、フランス語で「丸天井」を意味し、ロマンティックでクラシカルな世界を表現している。

LIBERTYのファブリックを中心に、北欧やフランスなど世界中の上質なファブリックを使用したオリジナル商品を展開している。LIBERTYとは、英国で1875年に生まれた花柄が有名な老舗ファブリックメーカーである。

crisp(クリスプ)

公式 http://crisp-go.com/

有限会社ゴーインターナショナルが運営。古着ショップ、及びそのリメイクアイテムのオリジナルブランド。

コンセプト『ガーリーナチュラルをベースにした、カジュアルMIXスタイルを提案します。メインから小物まで、トータルでコーディネートできます。一点もののUSEDアイテムと組み合わせるのもおすすめです』公式HPより

C.L.N(シーエルエヌ)

公式 http://www.cln-peace.co.jp/

株式会社シーエルエヌが運営。社名と同名のブランド「C.L.N」は、天然素材を中心にナチュラルなデイリーカジュアルを提案している。

同社は2ブランドを展開しており、他に「ohana」というブランドを手掛けている。

CUBE SUGAR(キューブシュガー)

公式 https://www.cubesugar.com/

株式会社オーセンティックが1989年に立ち上げたブランド。

天然素材だからこそ出せる独特の風合いを縫いや加工でさらに引き出し、着ているだけで「ほっ」とする服を展開。

CANADIAN SWEATER(カナディアンセーター)

公式 https://www.canadiansweater.com/

カナダのブリティッシュ・コロンビアバンクーバー島で1977年に創業。オールハンドメイドに拘り、ネイティブアメリカンの文化と伝統を今に伝え続けるニットブランドの老舗。

インディアン カウチン族に由来するカウチン・セーターが有名。インディアン固有の狩猟文化を反映した自然に関する文様や動物のモチーフ、幾何学的なデザインが特徴。

denicher(デニシュ)

公式 http://www.stillfr.com/

株式会社スティルフランが展開するブランド。遊び心を忘れない大人の女性たちに送るフレンチカジュアルテイストのブランド。

スティルフラン社は、「denicher (デニシュ) 」「vent blanc (ヴァンブラン) 」「a mon gout (アモング) 」の3ブランドを展開している。

DIU(ディウ)

公式 http://cosmicinfolink.com/test/diu-3/

「Diu (ディウ)」とは、東京・中野区のレザー会社「有限会社コスミックインフォリンク」が展開する靴&バッグのブランド。

ブランドのはじまりは、バングラデシュから来日した社長のアハメド氏が、母国のノクシカタという伝統的な刺繍製品やサンダルの良さを日本の女性にも知って欲しいという思いから。企画・デザインは日本国内で、生産はバングラデシュにある自社工場で行っている。

コスミックインフォリンク社は、独創的でカラフルな色を持つ「C.I.L.」と、自然に生きる人たちのための「DIU」の2つのブランドを展開している。

DO!FAMILYドゥファミリィ

公式 https://www.do-family.co.jp/top.html

「女の子がいくつになっても着たい服」をコンセプトに、 幅広い年齢層で楽しめる可愛らしい服を製作している、フレンチカジュアルのファッションブランド。

DANIELAGREGIS(ダニエラグレジス)

公式 https://danielagregis.it/

ダニエラ・グレジスが自身の名を冠して1959年に創設したブランド。イタリアのベルガモにアトリエを置く。

「お客様は服を買うのであって、ブランドを買うのではない」という考えから、タグにブランド名は記載せず、素材の表示と「*」マークが記載されている。

DANTON(ダントン)

公式 http://bshop-inc.com/brand/32/

1931年にガブリエル・ジョージ・ダントン氏によって創設されたフランスのワークウェアブランド。

当初から、料理人やレストランスタッフ向けのジャケットとパンツ、ガーデニング用のエプロン等を製造していた。また、1970年代中旬頃から90年代までパリ市内を含む多くの行政やパリ地下鉄を司るP.A.T.P社、フランス国鉄S.N.C.F社などへの制服や作業服を納めていた由緒あるブランドである。そのためワークウェアらしい高い機能性を有する。

D・M・Gドミンゴ

公式 https://www.dmg-spellbound.jp/

岡山県倉敷市にあるジーンズメーカーの株式会社ドミンゴが展開するデニムブランド。1946年の設立当初は作業服や学生服を生産をしていたが、1972年よりジーンズメーカーに転身。

2011年秋からメンズラインの「SPELLBOUND (スペルバウンド) 」と企画を統一し、自社がもっとも得意とするジーンズ、ワーク、ミリタリーカジュアルに特化することとなった。

姉妹ブランドに「 Brocante (ブロカント)」がある。

dosa(ドーサ)

公式 https://dosainc.com/

クリスティーナ・キム (Christina Kim) が1984年に設立し、L.A.を拠点に制作アトリエ・ショールームを兼ね備えたファクトリーを持つ。衣服だけではなく小物やバックなども制作しおり、シンプルだが細やかな作りには定評がある。

DRESSTERIORドレステリア

公式 https://store.world.co.jp/s/brand/dressterior/

株式会社ワールドが展開するセレクトショップ、及びそのオリジナルブランド。1998年にデザイナーの森万恭氏プロデュースにより誕生した。洗練されたベーシックな着こなしを提案。

dahl'ia(ダリア)

公式 http://www.dahl-ia.com/

コンセプト『元スタイリストの広川智佳子と親友の久保田理恵が2000年春夏に手作りバッグとTシャツのリメイクからスタートしたブランドです。「dahl'ia」はメキシコ原産の花の名前。子供の頃のハートをくすぐられるようなキュートでありながら少し毒っけのある女の子を思い出すようなイメージとブランド名の響きがリンクして名付けました。』公式HPより

des ponds dans l'eau(デポンダンルウォ)

公式

ブランド名は、フランス語で「水の中の環」という意味。ベーシックを基本として、時が経過しても色あせないスタイルを提案。

「池の中に小石を投げたとき、水面にいくつもの環が広がっていくように、心の中にやさしい輪が広がってゆくような服作り。」がコンセプトのブランド。

EEL(イール)

公式 http://eel-co.jp/

2003年設立のブランド。ブランド名は「EASY EARL LIFE」の頭文字をとって『EEL』。 "気楽な伯爵の人生" という意味。

EELの名作と呼ばれるサクラコート、定番アイテムの陶器ボタンのブラウスなどが人気。男女を問わず自分らしさを楽しめる、ユニセックスで個性的なデザインが支持を集めている。

EELの基本的なスピリッツはそのままに、レディースに特化した姉妹ブランド『ironari (イロナリ) 』も展開している。

ebagosエバゴス

Facebook https://facebook.com/pages/Ebagos/597596416928342

1996年にデザイン事務所である「エバゴス (EBAGOS) 」を設立。1998年からブランド「エバゴス (eb・a・gos) 」をスタート。カゴバッグは定番的なアイテムである。

ブランド名の由来は、デザイナーである曽我部美加 (Mika Sogabe) の姓「ソガベ (sogabe) 」を「エバゴス (eb・a・go s) 」と逆読みしたもので、この中に「bag」の文字があることに運命を感じて名付けた。

インテリアラインの「エバゴス イイテンキ」と、子供向けライン「エバゴス コドモ」がある。

ELLIFE(エリフェ)

公式 http://www.seek-inter.co.jp/
Facebook https://facebook.com/pages/エリフェ/316325625095432

1997年、株式会社シーク・インターナショナルが大阪で立ち上げたブランド。リネンやコットンなど天然素材を使用し、シンプル&ナチュラルをベースとした少し甘めなスタイリングを提案。

EASY KNIT(イージーニット)

公式

1990年にカナダのオンタリオで設立されたニットウェアメーカー。スクールウェアも手掛ける、小規模ニット工場のブランド。

2010年のバンクーバー冬季オリンピックの際にはカナダ代表選手が着るニットの制作も手掛けた。

Encachette(アンキャシェット)

公式 http://www.encachette.jp/

株式会社グラムスが運営。ブランド名はフランス語の造語で「こっそり、ひっそり」という意味が込められている。

コンセプト『肌に一番近いインナーウエアの企画に始まり、暮らしに関わる生活雑貨や一日を穏やかに過ごすための服作りを続けています。』公式HPより

evam evaエヴァエヴァ

公式 https://www.evameva.com/

近藤ニット株式会社は1945年に山梨県で創業してから、長きにわたりレディースニットのOEM生産を続けてきたが、2000年に自社ブランド「evam eva」を立ち上げた。

現在では、ナチュラルで上質、そしてシンプルなデザインは多くの人に支持されている。

Ebonyivory(エボニーアイボリー)

公式 http://www.ambidex-store.jp/shop/c/c2620/

東京の株式会社アンビデックスが展開するブランドの一つ。ブランド名は、「ピアノの黒鍵と白鍵」「相対の調和」を表している。2002年3月9日ブランドスタート。

素材は、コットン、リネン、ウールなど、天然素材が中心。天然素材にこだわる理由は、肌に触れたときの感覚はもちろん、できる限り素材本来の姿を大切にしたいという考えからである。大人カジュアル。

earth music&ecology(アース ミュージック アンド エコロジー

公式 http://www.earth1999.jp/

1999年9月に誕生した株式会社クロスカンパニーの主力ブランド。2010年2月から、CMに宮﨑あおいを起用した。

コンセプト『ナチュラルガーリッシュをテーマに、愛されスタイルからカジュアルMixまで。女の子が大好きな、甘さがあり、ナチュラルで上品なデイリースタイルを提案するブランドです。』公式HPより

E hyphen world gallery(イーハイフンワールドギャラリー)

公式 http://www.ehyphen.jp/

2000年3月、株式会社クロスカンパニーが事業を開始。ブランドキャラクターに2011年2月から2012年8月まで上野樹里、2012年9月よりトリンドル玲奈を起用している。

コンセプト『イーハイできめた日は、少しハイな気分になれる。それは日常生活の中の、少し特別な日になる。イーハイフンワールドギャラリーは、流行に敏感な女性のためのファッショナブルなブランドです。』公式HPより

ehka sopo(エヘカソポ)

公式 https://www.can-jp.com/ehkasopo/

株式会社キャンが運営。

コンセプト『ナチュラル、ガーリーをベースに古いものも、新しいものも自分らしくミックスさせて常にフレッシュなおしゃれを楽しむ女の子のためのブランドです。』公式HPより

Emsexciteエスペラック)

公式 http://www.infinity-art-works.co.jp/espeyrac/espeyrac.htm

大阪の株式会社インフィニティが展開するブランド。フレンチカジュアル&フェミニンなキレイめカジュアルを提案している。

FANEUIL(ファヌル)

公式 https://www.boston-nine.com/

株式会社ボストン-ナインが運営。ブランド名は、ボストンにあるファヌルホールという建物に由来する。

コンセプト『18世紀頃アメリカはイギリスから真の独立をするため、ここで毎日議論したとされています。アメリカの自由を勝ち取るため大いに盛り上がったことからファヌルホールは「自由のゆりかご」と呼ばれ市民から親しまれていました。自由な発想で長く親しまれるウェアを作りたい、そんな想いがこのブランドに込められています。』公式HPより

姉妹ブランドである「DANA FANEUIL」はよりカジュアルに展開している。

FABRIQUE en planete terre(ファブリケ アン プラネ テール)

公式 http://r.goope.jp/reyes

兵庫県の株式会社R eyes (アールアイズ) が手掛けるブランド。ブランド名は、直訳すると「地球の工場」 という意味。こだわりのオリジナル生地と厳選したファクトリーによって生み出される質の高いアイテムが特徴。

コンセプト『昔の体操服、ミリタリー、ワークウェアなどのストーリーを持ったアイテムを練り直し、バランスや素材感で新しいものとして提案するラインと、テーマを持たせ程よくデザインをいれたライン。』公式HPより