ファッション&コスメのライフスタイルブログ

ファッション&コスメのライフスタイルブログ

#トレンドファッション #コーディネート #ブランド #美容 #コスメティック #ネイル #かわいい #おしゃれ

洋服を探す

ガーリー系ファッションのブランド&セレクトショップ一覧

ガーリー系ファッションとは?

「ガーリー」とは、女の子らしくて可愛らしい甘めテイストなファッションを指します。具体的には、花柄やフリル、リボンなどのデザインが入ったスタイルです。

ガーリー系ファッション

axes femme(アクシーズファム)

公式 http://www.axesfemme.com/

「古き良きラグジュアリー」と「心揺さぶるノスタルジー」がコンセプト。19世紀末、フランス・パリが繁栄したベル・エポック時代。その華やかな時代のパリジェンヌたちのファッションを現代的にアレンジしたフェミニンをデイリーに楽しむブランド。ボリュームのあるギャザー、繊細なレースや刺繍などのディテールが凝っている。

Ank Rouge(アンクルージュ

公式 http://ankrouge.jp/

読者モデルだった松岡里枝がディレクターを務めるブランド。2010年9月4日にSHIBUYA109の6階に1号店がオープン。中世ヨーロッパの華やかなファッションをガーリーなカジュアルウェアに落とし込んだアンティークスタイルがブランドテーマ。柔らかな色使いとボリューム感のあるフリルやギャザーは体の動きに合わせてふわふわと揺れて女の子らしさを演出してくれる。

Ank」は、古代エジプトで愛と幸福を示すシンボル『♀ (アンクマーク) 』を意味し、現在では女性を表すマークとしても知られている。このマークの丸の部分をハートの形にしたものがブランドロゴになっている。「Rouge」は、大人になりかけた女の子が初めて口紅を塗った時に感じる胸の高鳴りを表現している。

Chesty(チェスティ)

公式 https://chesty.tv/shop/

読者モデルだった小川淳子が立ち上げたブランド。Chesty とは、「威張った・うぬぼれた・胸の豊かな」などを意味するが、意訳して、「常に前向きで夢を追いかけている女性 」を意味している。上品で保守的な、神戸のお嬢様を表現している。神戸系ファッション。

cher(シェル)

公式 http://cher-official.shop-pro.jp

1995年4月、山崎嘉子がオーナー兼デザイナー兼バイヤーを務めるセレクトショップ「cher」がオープン。cherはそのオリジナルブランドの名前でもある。ブランドを象徴する商品として、ハートマークのあしらわれた可愛らしいエコバッグが有名。

名前の由来は、フランス語の“Cheri” (愛しいもの、大切なもの) と“Ciel” (デニムの色、空の色、海の色) から。

【オリジナルブランド】

1996年、オリジナルブランド「FRUIT CAKE(フルーツケイク)」をスタート。2000年より、細井多恵、細井知恵、高橋京子らがディレクターを引き継いでいる。ブランド名は英語のスラングで「変わり者」という意味。「普通の服」とは違った、少しひねりの利いたスウィートカジュアルを提案。

2000年、山崎が南リカと2人でデザイナーを務める「Bianca's closet(ビアンカズ クローゼット)」をスタート。安い服も高い服も着こなして自分なりのおしゃれを楽しむビアンカジャガー (ミック・ジャガーの元妻) のスタイルをイメージした、上質な素材を使ったラグジュアリーなデザインが特徴。山崎がサーファーでもあるため、海辺でのバカンスをイメージしたアイテムも毎シーズン発表している。

【追記】

2017年、国内店舗をすべて閉店。

DelilaH(ダリラ)

公式 http://www.delilah.jp

ダリラとは聖書に登場する妖艶な美女の名前に由来。自らの美貌を武器に愛人を騙したことから「裏切り女」の代名詞とされる。そんな彼女をイメージし天使の皮を被った様な魅惑的なスタイルを提案している。

DRESS BULLET by glamb(ドレスバレット バイ グラム)

公式 http://www.dressbullet.com/

2009年12月、デザイナーの古谷完が設立。カジュアルガーリー系。レースやフリルと言ったガーリーファッション定番のディテールには頼らないのがドレスバレット流。エレガントなミリタリールックをコンセプトにフェミニンなスタイルを表現。

dazzlin(ダズリン)

公式 https://dazzlin.jp/

MARK STYLER (マークスタイラー) 株式会社が運営するブランド。上品で洗練されたデザイン、それでいてかっちりし過ぎずカジュアルなラフさも有し、センスが光る。

マークスタイラーは他に、リゼクシー、エモダ、ムルーアなどのブランドも展開している。

fallin'(フォーリン)

公式 http://www.palgroup.co.jp/brand/brand.php?n=fallin

パルグループの株式会社ナイスクラップが2015年秋冬シーズンから展開。

モデルの西もなかがプロデュースするオリジナルブランド。

【追記】

2017年春夏コレクションを以てブランド終了。

Honey Cinnamon(ハニーシナモン)

公式 http://honeycinnamon.jp/

SKE48平松可奈子がプローデューサーを務める、『少女と大人のはざま』をテーマにしたファッションブランド。

とっても甘い世界観をもった原宿×ガーリー派にオススメのブランド。

Honeys(ハニーズ)

公式 https://www.honeys.co.jp/

ティーンズに人気の原宿系ファッション「コルザ」、ベーシックアイテムの「コンフォートベーシック」。ナチュラル・ガーリー系いろんなテイストの服を出してる。プチプライス。

Heather(ヘザー)

公式 https://www.adastria.co.jp/brands/heather/

株式会社アダストリア (旧ポイント) が展開するブランド。ガーリッシュでほど良くエッジのきいたアイテムをベースにトレンドをミックス。同社はローリーズファームを運営していることでも知られている。

2015年に、株式会社アダストリアホールディングス、株式会社ポイント、株式会社トリニティアーツ合併。更に、株式会社アダストリアホールディングスから株式会社アダストリアに商号変更。

INGNI(イング)

公式 https://www.ingni-store.com/

株式会社イングが運営。CamCamやJJなどのファッション誌で掲載されることが多い。女の子らしい可愛らしさはもちろん、クールで落ち着きのあるデザインが大人っぽくて印象的。大人可愛いを目指す若い女の子から絶大なる人気を誇っている。エレガンス&カジュアルスタイル。

INGNI」とは英語の現在進行形「ing」が由来。常に『変化』と『進化』をし続けるという意味を持っている。

株式会社イングとしてはINGNIをはじめ、allamanda、Layla Rose、GOLDEN BOYなどのブランドを展開している。

Khaju(カージュ)

公式 https://www.shipsltd.co.jp/label/khaju/

株式会社シップスが展開するブランド。長い歴史を持つ「SHIPS」だが、それよりも若い年齢層を対象にしている。ブランド名カージュは「花(か)」と木を意味する「樹(じゅ)」からの造語。レトロなテイストは大人の女性でも着こなしやすい。

LIZLISA doll Bambina(リズリサ ドール バンビーナ)

公式 http://lizlisadollbambina.com/

クロスプラス株式会社による「カジュアル」と「ガーリー」をあわせ持つティーンズのアパレルブランド。店舗はAEON(イオン)限定で展開している。

la belle etude(ラベル エチュード

公式 http://labelleetude.com/

“大人かわいい”をテーマに、ふんわりとしたパステルカラー・柔らかみのあるシルエットとヴィンテージの風合いやトレンドを融合。

merry jenny(メリージェニー)

公式 http://merryjenny.jp/

MARK-STYLER株式会社 (マークスタイラー) が展開する個性派ガーリーブランド。ディレクターに吉河唯 (よしかわゆい) を起用し、2012年にスタートした。ブランド名の由来は「merry (陽気な、快活な) 」と「jenny (女の子の代表的な名前) 」を掛け合わせたもの。

コンセプト『Innocent Kitsch Girl―遊び心のある柄やデザインで独特な世界観を表現しオシャレを楽しむ無邪気でkitschなgirly style』公式HPより

LIZ LISA(リズリサ)

公式 https://lizlisa.com/

1999年、株式会社ヴエント・インターナショナルが立ち上げたブランド。同年、渋谷109にオープン。翌年、デザイナー・スタッフを総入れ替えし、ギャル系路線から大人の女性のキュート&フェミニンなスタイルへと変更。現在ではレースやフリル、ファー使いなどに特徴を持つ可愛いガーリースタイルとなっている。10代後半の女性を中心に絶大なる支持を集める。

OLIVE des OLIVE(オリーブ デ オリーブ)

公式 https://www.olivedesolive-ec.jp/

1984年、ブランドスタート。中高生ティーンズ向けファッションブランド。ガーリーカジュアル系で爽やかなテイストは誰にでも受け入れやすく、オシャレ初心者の女の子にもおすすめ。

one spo(ワンスポ)

公式 https://onespo-store.net/

「oneway」や「ByeBye」などを展開する株式会社ヤングファッション研究所が”モードとスポーツの融合”をテーマに設立したブランド。ピンナップガールをイメージしたレトロなテイスト。ピンナップガールとは、マリリン・モンローのような1950〜60年代に流行ったセクシーでキュートな女性たちのこと。その頃のレトロなテイストを今っぽくアレンジしたファッション。若い女の子ならではの肌見せディテールも可愛い。

one*way(ワンウェイ)

公式 http://www.one-way.jp/

1995年5月に株式会社ヤングファッション研究所が立ち上げた渋谷109系ファッションブランド。

流行を取り入れつつもヴィンテージ感のあるシンプルなデザインが特徴で、洗練された気取らなさを表現している。

one after another NICE CLAUP(ワンアフターアナザー ナイスクラップ

公式 https://www.niceclaup.co.jp/

トレンドを程よく取り入れたベーシックなデザインが多い。比較的リーズナブルな価格設定なのも魅力的。

SNIDELスナイデル

公式 https://snidel.com/

2005年、株式会社マッシュスタイルラボ (mash style lab) がファッション事業部を新設した際に立ち上げたブランド。

テーマは、ストリートフォーマル。系統でいえば "シンプルな大人ガーリー" といったところ。大人の女性に憧れるな女の子、まだまだファッションを楽しみたいクールな大人の女性。どちらからのアプローチでもぴったりハマる独特の世界観を持っている。

RoseMarie seoirローズマリー ソワール)

公式 http://syrup-tokyo.com/

直営店舗名は「Syrup.」

アンティーク収集が趣味だったデザイナー・渡邉あゆみがアンティークのリメイクブランドとして活動後、2008年本格的にブランドを設立。

2015年2月、himitsu by Syrup. はRoseMarie seoirへとブランド名を変更。特徴であった、「マカロンのようにカラフルでクリームのようにふわふわしたシルエット」なイメージを残しつつ、「大人になる為に少し背伸びをした女の子たちのヒミツの空間」をコンセプトにした東京発ロリータポップ×大人ガーリーブランドとして新たに展開。

「Rose- ピンク」「Marie- ドレス」「seoir- ぴったりの」を意味しており、あなたにぴったりのスペシャルに可愛いドレスがたくさんあるブランド・お店、という想いが込められている。デザイナーの渡辺曰く、「女の子に呼びかけるように、ローズマリーと呼んでいただけたら嬉しいです。」とのこと。

ROSE FAN FAN(ローズファンファン)

公式 http://rosefanfan.jp/

大阪のアパレル会社「ローズファンファンインターナショナル」が運営している。ファッション誌「SCawaii!」「ViVi」「popteen」「BLENDA」などでお馴染みのSHIBUYA109系人気ブランド。

スクールコレクションなど女子高生を中心に20代後半の女性まで幅広く人気のあるロマンチック系ブランド。女性が憧れる「可愛い大人」を表現。

Secret Honey(シークレットハニー)

公式 http://www.est-s.co.jp/

LA風レトロガーリーなテイストにトレンドを取り入れ、キュートな中にも少しだけ大人な感覚を表現。

the Virgins(バージンズ)

公式 http://thevirginslove.com/

オリジナルブランド「the Virgins」とセレクトアイテムによる構成。キャンディーカラーの柔らかい色調。

Wonder Rocket(ワンダーロケット)

公式 http://www.ichioku.com/retaillist/retailwonderrocket
Twitter https://twitter.com/wonder__rocket

ワンダーロケットは2006年1月6日に誕生したゆるふわガーリー系ブランド。森ガール系ファッションを代表するブランドの一つ。

イチオクグループの親元である株式会社イチオクは、繊維・衣料品の総合卸問屋を営んでいる。

森ガールやナチュラル&ガーリーテイストが好きな10代~20代前半の女の子に人気があり、種類の異なる素材をランダムに使ったパッチワーク風スカートや、ヘムラインをランダムにしたロングスカートなど、手作り感を残したテイストが特徴的。

コンセプト『アンティーク、レトロ、フォークロアを中心にやわらかでぬくもりのある素材感と 色彩の調和を大切にしながら個性のあるガーリースタイルを提案。“何気ない日常を特別なものに変えてくれる”』

【追記】

ワンダーロケット原宿店は2017年2月12日で閉店。

姉妹ブランド

merlotメルロー

メルヘン&アウトドアテイストなハッピーカジュアル。「merlot」の他、オケージョンラインの「merlot plus」とトラッドラインの「MERLOT IKYU」の3ラインを展開

Drug Honey(ドラッグハニー)

ロック・ゴシックをテーマにし、モードに昇華したユニセックスブランド。2017年2月、リアルショップが原宿竹下通りにオープン。(ワンダーロケットの跡地)

Fillil(フィリル)

自然体で過ごす北欧のカジュアルライフスタイル。