ファッション&コスメのライフスタイルブログ

ファッション&コスメのライフスタイルブログ

#トレンドファッション #コーディネート #ブランド #美容 #コスメティック #ネイル #かわいい #おしゃれ

洋服を探す

お姉系ファッションブランド&セレクトショップ一覧

お姉系とは?

お姉さんらしい、またはお嬢様らしい清楚なファッションをしている女性を指す。かつては「神戸系ファッション」と呼ばれたり、「OL系ファッション」や「丸の内系」などと呼ばれていたこともある。女子大生や、OLが主な支持層となっている。

お姉系ファッション

apres jour(アプレジュール)

公式 http://www.alicia.co.jp/brands-apresjour.php

株式会社 ALICIA (アリシア) が運営するブランド。「ドラマティック」をコンセプトに、大人の高級感のある可愛さを表現。季節を問わずに着ることが出来るディテールやシルエット、素材にもこだわっている。普段着、パーティードレスともに魅力的に提案。

1976年 株式会社アリシア 設立
1984年 「ページボーイ」スタート
1996年 「ミスティウーマン」スタート
1998年 「ヴ・メーム」「アプレジュール」スタート
1999年 「カーネリアン」スタート
2001年 「ラボラトリーワーク」スタート

Apuweiser-riche(アプワイザーリッシェ)

公式 http://apuweiser-riche.jp/

クラシックベースに表現する大人テイストのブランド。程よくトレンドが織り込まれたクラシカルな雰囲気を併せ持つ。幅広い年齢層に人気がある。姉妹ブランドに、JUSGLITTY (ジャスグリッティー) 、Rirandture (リランドチュール) がある。

AZUL by moussy(アズール バイ マウジー

公式 https://azul-m.com/
Twitter https://twitter.com/azul_by_moussy
Instagram https://instagram.com/azulbymoussy_official/
Facebook https://www.facebook.com/azul.official

株式会社バロックジャパンリミテッドが展開する渋谷109系ブランド「moussy (マウジー) 」の姉妹ブランドとして2008年にスタートする。同時に越谷イオンレイクタウンに直営店をオープン。

マウジーよりもリーズナブルな価格帯となっている。これは、2008年秋に日本へ進出したH&M、FOREVER21などのファストファッションブランドに対抗すべく発案されたことがブランド設立のきっかけとなっている。また、メンズ・レディースともに展開している点もマウジーとは異なる。シンプルなジーニングカジュアル系で、10代から30代くらいまでの幅広い層に愛されている。

マウジーが109や丸井など、「BLACK BY MOUSSY (ブラックバイマウジー) 」が百貨店などに出店しているのに対し、アズールバイマウジーはイオンなど郊外型SCを主な出店先にしている。

BLACK BY MOUSSY(ブラック バイ マウジー

公式 https://www.blackbymoussy.jp/

「BLACKコーヒーが似合う女性」
「BASICなアイテム」
自分らしく生きることの美しさを知っている女性たちへ。

バロックジャパンリミテッドが「moussy (マウジー)」の姉妹ブランドとして2003年に設立。マウジーよりも上の年齢層がターゲットで、より大人っぽいテイストという点がmoussyと異なる。

2014年春にグループ傘下のフレームジャパンに業務移管し、ロゴを刷新して実店舗なしのEC専門業態としてリブランディングを図ったが、同社の事業縮小に伴い、翌2015年春にバロックジャパンリミテッドに戻る形で再スタートを切った。8月にリアル店舗を東京・大阪・名古屋に立て続けにオープした。

BORNY(ボルニー)

公式 http://borny.jp/

ファッションブランドを数多く展開する株式会社マークスタイラーが2011年に立ち上げた。

ブランド名は「Born in NY」の略による造語で、ニューヨークのライフスタイルやカルチャーを発信し、新たな価値を創造していく、という意味が込められている。

【追記】

2016年、全店閉店。

BOSCHボッシュ

公式 https://www.bosch-web.com/

株式会社サンエー・インターナショナルが展開するブランド。コンセプト「コンテンポラリーマニッシュをコンセプトに、時代の気分が香り立つトレンドアイテムとベーシックアイテムとのミックススタイルで凛とした女性らしさを持ちながらも軽やかに洗練されたスタイルを提案」

clear(クリア)

公式 http://clear.ac/

神戸系エレガンスブランド。2000年3月に大阪・アメリカ村にオープン。セレクトショップからオリジナルブランドを立ち上げた。

「ラフ・ラグジュアリー」をテーマとするリアルクローズを提案。元々は大阪の婦人服メーカー「ヴイク」が展開するブランドだったが、2014年1月に「ケイスタイル社」が商標権を取得した。

C.C.CROSS(シーシークロス)

公式 http://www.cccross.com/

株式会社アイランドユニヴァースが運営。デニムスタイルをポイントに、エレガンスなテイストをMIXしたグラマラスカジュアル。

dazzlin moi(ダズリンモア)

公式 https://dazzlin.jp/

dazzlinから派生したセレクトブランド。アメリカンスウィートカジュアル。可愛いだけじゃない、上品なお姉さんブランド。

DOUBLE STANDARD CLOTHINGダブルスタンダードクロージング

公式 http://www.doublestandard.jp/

1999年に株式会社FILMによって創設。通称「ダブスタ」。ドレスブランドとしての評価が高い。

「DSC」メインライン
「Sov.」レディスライン
「D/him」メンズライン
「VANILLA CoUTURE」ブライダルライン

Dear Princess(ディアプリンセス)

公式 http://www.ismgroup.co.jp/

株式会社イズム (ism Group) が1992年に発表。より上品、より上質をキーワードとして、神戸ならではのスタイルを提案。上品さと上質な中にキュートな要素を混ぜた女の子らしいライナップ。

ef-dé(エフデ)

公式 https://store.flandre.ne.jp/brand/ef-de/

株式会社フランドルが1993年に設立した、甘く優しいフェミニンでエレガントなブランド。

ベーシックなアイテムがもつ上質感を、柔らかいシルエットで表現したスタイリングが可愛らしさを引き立ててくれる。「女子アナっぽい服」としても人気。

EGOIST(エゴイスト)

公式 https://www.egoist-inc.com/

1994年に鬼頭一弥氏が株式会社エゴイストを創業。1999年、渋谷109にショップオープン。

大人ギャル、お姉ギャル系。モード系。セクシー&グラマラスをより現代的に、クラシカルでフェティッシュなムードをニュークラシックとして提案。また、森本容子 (後にマウジーを設立) や中根麗子 (後にリエンダを設立) などのカリスマ店員ブームの元祖はこのブランドである。

INTERPLANET(インタープラネット)

公式 http://interplanet.jp/

株式会社オリゾンティにより神戸で設立。働く女性の毎日に「MODE」を提供。

INGNI(イング)

公式 https://www.ingni-store.com/

株式会社イングが運営。CamCamやJJなどのファッション誌で掲載されることが多い。女の子らしい可愛らしさはもちろん、クールで落ち着きのあるデザインが大人っぽくて印象的。大人可愛いを目指す若い女の子から絶大なる人気を誇っている。エレガンス&カジュアルスタイル。

INGNI」とは英語の現在進行形「ing」が由来。常に『変化』と『進化』をし続けるという意味を持っている。

株式会社イングとしてはINGNIをはじめ、allamanda、Layla Rose、GOLDEN BOYなどのブランドを展開している。

JESUS DIAMANTEジーザスディアマンテ)

公式 http://www.jesusdiamante.com/

関西発のお姫さま系、姫ロリ系のファッションブランド。コンセプトは、ゴージャス・プリンセス・ブリジットバルドー。愛犬専用の「Diamante Chien」も展開している。

KOOKAIクーカイ

公式 https://www.kookai.com.au/

フランスのファッションブランド。1983年にJean-Lou Tepper、Jacques Nataf、Philippe de Hesdinの3人がブランドを設立する。1996年、VIVARTEグループに入る。フランスファッションのトレンドを落とし込んだデザインが特徴。リラックスしていてカラフルなアイテムでフェミニティを表現。

KariAng(カリアング)

公式 http://ymdo.tokyo/fs/ymdo/c/kariang

EGOIST (エゴイスト) の元カリスマ店員で、moussy (マウジー) を立ち上げた森本容子が、自身のブランドとして2006年にKariAng (カリアング) をスタートする。EGOISTやmoussyなどよりも年齢層が高い30歳前後のキャリア層をターゲットとしている。

店舗拡大を積極的に行ってきたが、リーマンショック後のアパレル不景気も相まって、負債が膨らみ、運営会社のローカスターは2010年10月に破産申請(倒産)した。なおKariAngのブランド自体は、ローカスターが破産申請する直前の2010年9月にジュライスターに移管されていた。2011年には「KariAng」と「DreAng(ドレアング)」を統合したコンセプトショップ「KariAng Park」をオープン。

※ 他のWebサイトでは『その後、KariAngから「KariAng Park(カリアング パーク)」へブランド名を変更した』という記述が散見されることがあるが、上記の通り2ブランドから成るコンセプトショップの誤りである。

【追記】

「カリアング」と「ドレアング」の運営会社が2013年2月1日付けで、住金物産子会社のジュライスターからオンワードホールディングス傘下のバーズ・アソシエーションへ移管された。運営・サービス内容は変更なく、デザインも引き続き森本容子が率いる株式会社 YOCO MORIMOTO DESIGN OFFICE(ヨーコ・モリモト・デザイン・オフィス)が携わる。

2015年2月22日、株式会社バーズ・アソシエーションとのKariAngウエアライセンス契約終了の運びとなり一時的に店鋪運営を休止。その後、再開。

【沿革】

2006年 9月にリアルモードを展開する「Banker (バンカー)」、11月にはフォーマルウェアブランド「DreAng (ドレアング)」を続々とスタートさせる。
2009年 モーダクレアと事業提携、KariAngのシューズラインを設立。
2009年 YOCO MORIMOTO DESIGN OFFICEの名を冠したプロジェクト「Y.M.D.O.」をスタートし、Tシャツラインの打ち出し、パーティのオーガナイズ、その他クリエイティブなコラボレーションなどを多岐にわたる活動を繰り広げる。
2010年 福助と業務提供、KariAngのレッグウエアラインを設立。
2011年 トータスイレブンと業務提携、KariAng 水着プロデュース。
AJIOKAと業務提携 、KariAng バック&革小物プロデュース開始。
2014年秋「BANKER tokyo」をリニューアルし、NYセレクトショップデビュー。「Assembly NewYork」「OAK NEW YORK」他、世界へ向けた活動を開始。

LAISSE PASSE(レッセパッセ)

公式 https://www.laissepasse.com/

1986年創立の株式会社レッセ・パッセのブランド。ブランド名は「自由気まま」を意味するフランス語。20代を中心に、特に清楚系の学生に人気がある。また、女子アナが着ていそうなイメージもあり、相手に対して好印象を与える不思議な魅力がある。

2007年には、姉妹ブランド「Debut De Fiore (デビュー・ド・フィオレ)」をスタート。こちらはレッセパッセよりも大人な雰囲気。

LagunaMoon(ラグナムーン)

公式 http://lagunamoon.net/

コンセプトは「MODEL CASUAL」。ファッション界をリードするモデルのデイリーコーデがお手本。シンプルカジュアルなスタイルに、トレンドやストリートのエッセンスを加え、どこかはずしを効かせたスタイリングを提案。

Lilidia(リリディア)

公式 http://lilidia.com/
Instagram https://www.instagram.com/lilidia_official/

株式会社バロックジャパンリミテッドが、2012年春より運営を開始したブランド。クリエイティブディレクターを務めるのは中根麗子。彼女は「rienda」のクリエイティブディレクターとしても有名である。

109系のギャルブランドを卒業した20代後半から30代の女性がターゲット。ラグジュアリーな素材やディテールで品格ある大人の可愛らしさを演出。

【追記】

2017年2月10日をもって全店舗を閉店。

LOURPHYLI(ロアフィリー)

公式 http://lourphyli.com/

株式会社レナウンが展開するセレクトショップ及びオリジナルブランドの名前でもある。

「自分らしさを持った大人の女性の五感を刺激するセレクトショップ」を謳い、2012年春夏コレクションと共にデビューを果たした。素敵な毎日のためのエッセンスをちりばめて、エイジレスに女性の心を捉える世界観を表現。エレガントなシルエットが特徴的な大人のフェミニンテイストが光るブランド。

【追記】

2016年2月春夏シーズンをもってブランド終了。

MOUSSYマウジー

公式 https://www.moussy.ne.jp/

2000年、フェイクデリック (現・バロックジャパンリミテッド) が、エゴイストのカリスマ店員だった森本容子のプロデュースにより「MOUSSY」をスタート。同年4月、渋谷109に店舗をオープン。同社は「SLY (スライ) 」や「RODEO CROWNS (ロデオクラウンズ) 」など多くのブランドを持つが、マウジーは最初に始めたブランドであり、自社のブランドの中でも中心的な存在である。

マウジーの代名詞であるデニムと上質なベーシックアイテムを中心に魅せるスタイリングは、内面の強さと美しさを引き出し、魅力的な女性像を造り上げる。

2003年には「BLACK BY MOUSSY (ブラックバイマウジー) 」をスタート。プランタン銀座店にショップをオープン。マウジーよりも上の年齢層がターゲットで、より大人っぽいテイスト。

2008年には「AZUL by moussy (アズールバイマウジー) 」をスタート。マウジーファストファッション版でリーズナブルな価格帯となっている。また、メンズ・レディースともに展開している。

【追記】

森本容子は一度社長に就任するが、後に退社。2006年に自身のブランド「KariAng (カリアング) 」を立ち上げる。

MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)

公式 http://brand.mercuryduo.com/

2003年、渡辺由香がプロデューサー兼デザイナーとして立ち上げた神戸発のファッションブランド。基本的なデザインコンセプトは、神戸や芦屋・西宮の優雅で落ち着いたお嬢様的なファッションがベースで、ゴージャスでフェミニンタッチのニュートラッド系。パステルカラーを基調としている。毎年のテーマは異なってもエレガンスは外さない。若々しい40代女性や大人の女性に憧れを持つ10代の女の子にも高い人気を誇っているのも頷ける。

MERCURY (水銀・水星)とDUO (2対の)をあわせた造語で、形のとどまらない水銀のように自由にスタイルを変え、一つのイメージにとらわれない女性をイメージ。

MORGAN(モルガン)

公式 http://www.morgan-jp.com/

1947年フランスで創業。初めは下着ブランドであったが、後にアパレルを展開。メンズブランドの「モルガン オム (MORGAN HOMME) 」は日本企画のブランド。キャサリン ハムネットなどを展開する大賀株式会社が1999年から運営。

2008年12月に本国モルガンが経営破綻する。そのため日本の代理店だったGSIクレオスが事業を撤退、日本にあるモルガンのショップも閉店。ちなみに、モルガン オムは引き続き大賀が運営している。

2009年フランスの大手テキスタイル会社でいくつくものブランドを有するBEAUMANOIRグループがモルガンを買収して復活した。

Pinky Girls(ピンキーガールズ)

公式 http://www.pinkygirls.com/

2000年、サンエイ・インターナショナルがブランドをスタートする。2005年からはサンエイ・インターナショナル グループの株式会社フリーズ インターナショナルに移る。

コンセプト「“Elegance”をメインテーマに“Sweet”な要素を盛り込んだ、可愛らしく (Cute) 女性らしさ (Feminine) を楽しむ女性に向けたブランド。」

【追記】

2014年5月、全店閉店。

その後、しまむらとコラボレーションをしたことがある。

PREFERIR(プレフェリール)

公式 http://www.pre-stige.co.jp/

『大人可愛い女子アナ服』をコンセプトに、エレガントでキュートアイテムをリーズナブルなプライスで提案しているブランド。

PROFILE(プロフィール)

公式 http://profile-kobe.com/
Instagram https://www.instagram.com/profile_kobe/

神戸系。大人の女性に向け、上質な素材とシルエットにこだわったシャープで上品なスタイルを提案。

公式HPは閉鎖している。インスタグラムには総合ファッションモール「マガシーク」のリンクが掲載されている。

PROPORTION BODY DRESSING(プロポーション ボディ ドレッシング)

公式 https://store.saneibd.com/proportionbodydressing/

きれいになりたい全ての女性に向けたトータルコーディネートをプロデュース。エレガンスでオフィスカジュアルな、ユーティリティブランド。

PAMEO POSE(パメオポーズ)

公式 https://pameopose.com/

枠に捉われない『自分らしさを実現する為の表現ツール』としてファッションを提案する。

QUEENS COURT(クイーンズ コート)

公式 https://www.j-lounge.jp/shop/queens-court

神戸のアパレル会社「ビッキー」が展開するファッションブランド。

REBECCA TAYLORレベッカ・テイラー)

公式 http://rebeccataylor.jp/

1996年、当時30歳のレベッカ・テイラーが、ビジネスパートナーであるエリザベス・ハッチェン (Elizabeth Hutchens) と共に、自身の名を冠したオリジナルブランドをアメリカ・ニューヨークで立ち上げた。向かい合っている2匹の猫がトレードマーク。

「大人のガーリースタイル」などと表現され、基本はフェミニンだが、それにセクシーな要素を少しだけ加えている。素材はシフォン、シルクなど柔らかいものが多く、カラーは白、クリーム、ピンク、パープルなどをベースとした淡い色を用いることが多い。また、スパンコールや花柄プリントも特徴的。

ジェニファー・ロペスキャメロン・ディアスサラ・ジェシカ・パーカーらが着用したことでも注目された。とりわけパーカーはレベッカ・テイラーの大ファンであり、テレビシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』でも度々着用した。

レベッカ・テイラー」は、日本ではレナウンにより2000年から展開。2010年春夏コレクションからは伊藤忠ファッションシステムとマスターライセンス契約を締結。レナウンとの契約は2010年1月末で終了し、レナウンインクスがライセンス生産するレッグウェアは継続、アパレルは同ブランドのバッグ・革小物を展開しているクイーポが行うこととなった。

Royal Party(ロイヤルパーティー

公式 https://royalparty.jp/

恵山株式会社 (KEIZAN Co.,Ltd.) が2006年に創設したブランド。

トレンドを意識したフェミニンスタイルをベースに、大人の女性の色気をドラマティックに演出するワンランク上のセクシーをリアリティに表現。セクシーをブランドコンセプトとしていることから、ギャル系ファッションを卒業した女性の受け皿としても人気がある。

rosebullet(ローズブリット)

公式 http://www.rosebullet-rb.jp/

2005年設立。大手アパレル会社「オンワード樫山」が運営している。カジュアルな中にも女らしさをいつも忘れない女性達が、うまくトレンドを取り入れて、新しいライフスタイルを楽しめるトレンドMIXカジュアルブランド。

【追記】

2016年春夏シーズンをもって日本のブランド運営を終了。

SLY(スライ)

公式 https://sly.jp/

フェイクデリック (現・バロックジャパンリミテッド) が展開するブランドの一つ。2003年、デザイナーの植田みずきによりmoussyのセレクトブランドから独立して誕生したブランド。

『ロックテイストをベースに、独自のアート感覚 (POP ART、GRAFFITI、VIVID PATTERN、COLOR BALANCE) を洋服に詰め込む』というデザインコンセプトを持つ。ロックやミリタリーが基本テイストでありながら、女性のセクシーさを際立たせるようなデザインが魅力的。

SHEL'TTER(シェルター)

公式 http://www.sheltter.jp/
SHEL'TTER WEB STORE

MOUSSYをはじめ、SLY、RODEO CROWNS、rienda、インポートアイテムなどがMIXコーディネートができるブランド複合ショップ。

SPIGA(スピーガ)

公式 http://www.spiga.co.jp/

キュートな大人フェミニンスタイル。セクシーでラグジュアリーなスタイル。安定した人気と知名度を誇る。同じ系統のブランドと比べて派手な露出のあるアイテムが少ないのが特徴で、より大人なスタイルを目指したいという要望に絶妙にアジャストすることで他ブランドとの差別化を計っている。

Sweet Camel(スウィートキャメル)

公式 https://www.sweetcamel.com/

1979年5月創立。ジーンズブランド。体型研究に基づき、度重なる試着を繰り返すことにより日本人女性の体型にジャストフィットするように作られている。使う素材は全てオリジナル。プロデュースはひとりの女性が継続して行っている。多くの女性向けジーンズブランドが男性によってプロデュースされたり、数年で次の世代に引き継がれたりする中では、稀有の存在。

The Dayz tokyo(ザ・デイズトウキョウ)

公式

2012年春夏シーズンにデビュー。運営はマークスタイラー株式会社。ディレクターは大塚良子

20代後半から30代をメインターゲットに、ロックやヴィンテージ、リラックスなどをコンセプトにしたスタイリング。オリジナルに加え、NYやLA、パリなどおもに海外で買い付けたヴィンテージやセレクトで構成する。

コンセプトは「MODERATE (度を越さない) 」。モードをベースとしてモデラートという言葉の通りの適度な割合で程よいモード、半歩先のトレンドを提案する。

【追記】

2017年春夏シーズンをもってブランドを休止

WILLSELECTION(ウィルセレクション)

公式 http://willselection.com/

「サマンサタバサ」のアパレル部門会社バーンデストジャパンリミテッドが展開するレディースファッションブランド。SWEETでエレガンスをベースに、素敵な大人の女性に憧れる女の子たちに贈るブランド。キュートでアクティブなガーリッシュ。上品でシンプルながらも、甘くフェミニンなスタイリングが特徴。ルームウェアラインとして「Willmoon(ウィルムーン)」がある。