ファッション&コスメのライフスタイルブログ

ファッション&コスメのライフスタイルブログ

#トレンドファッション #コーディネート #ブランド #美容 #コスメティック #ネイル #かわいい #おしゃれ

フェアリー系ファッションブランド&セレクトショップ一覧

フェアリー系ファッションとほ?

フェアリー系とは、パステルカラーを基調とした原宿系ガーリーファッションの一種である。名前の通り“妖精”をイメージさせる色使い、ふわふわとしていて透け感のある素材使いが特徴。その派手さからデコラやロリータ、ゴスロリなどのファッションと並べられることが多い。

フェアリー系ファッション

6%DOKIDOKI(ロクパーセントドキドキ)

公式 https://www.dokidoki6.com/

略称はロクパー、ロクドキなど。1995年原宿にオープン。コンセプトは「センセーショナルラブリー」。海外にもファンが多い有名ブランド。色合いがフェアリーよりも派手なデコラ系の要素もある。

milklim(ミルクリーム)

公式 http://oshamagic.ocnk.net/
Twitter https://twitter.com/milklim_love

名古屋の大須商店街にあるお店 SKUNKのスタッフが手がけるオリジナルブランド。甘い系のガーリーなアイテムが群を抜いて多い。パステル・マカロンカラーのアイテムにオリジナルのパンダやユニコーンなどのゆるかわなキャラクタープリントものもあり世界観をもったショップ。リーズナブル。

【追記】

2019年3月28日をもってブランドは終了した。

KOKOkim(ココキム)

公式 http://www.kokokim.co.jp/

『萌える原宿=萌原』をコンセプトに、アニメの世界に出てくるような可愛いらしいお洋服を、特別な日だけのコスプレではなく、毎日オシャレにリアルクローズとして着こなしたい!そんな女の子のワガママを叶えてくれるブランドが誕生!外務省から原宿ファッション日本代表『カワイイ大使』に任命された世界で1番ピンクなクリエータ木村優(kimura U)がデザイナー、プロデューサーを手掛ける。

【追記】

2015年8月23日をもってKOKOkim渋谷109店は閉店した。

KawaiiHolic.(カワイイホリック)

公式 https://kawaiiholic.net/
Twitter https://twitter.com/kawaiiholic_u

原宿系ファッション誌『KERA』の読者モデルとして活動し、外務省より原宿ファッション日本代表「カワイイ大使ポップカルチャー発信使)」に任命され、クリエイター、声優として世界各国を歴訪する木村優が、究極に “kawaii” を突き詰めた新ブランド『KawaiiHolic.』を2017年3月23日に始動した。

ブランドテーマは「Kawaiiを辞めたら死んでるのと同じ。」“Kawaiiを諦めないあなたに贈る、年齢も性別も飛び越えた永遠のカワイイクローズ” なアイテムを展開する。プロデュース、デザイン、イラストを手掛ける木村優は、「本当にKawaii物を作る」それを人生をかけてとことん追求していこうという決意を込めて名付けた、と語っている。

NILE PERCHナイルパーチ

公式(旧) http://www.nile-jp.com/
公式(新) http://nileperch.theshop.jp/

フェアリー系の代表的ブランド。原宿にある実店舗は女の子が大好きなものがいっぱいで、まるでおもちゃ箱みたいなSHOP。

2015年2月28日(土)に原宿本店がキャットストリートに移転。

NADIA FLORES EN EL CORAZON(ナディア フローレス エン エル コラソン

公式 http://nadia.jp/

通称 ナディア。コンセプトは「お宝を集めたフリーマーケット」。ショップスタッフがとてもオシャレと話題をよび、原宿系の雑誌モデルが多数いるのも特徴。

MILK / MILKBOY(ミルク / ミルクボーイ)

公式 https://www.milk-web.net

1974年の設立以来、原宿ファッションを引卒してきたブランド。ガーリー。メンズはロックな雰囲気。

Bobon21(ボボンニジュウイチ)

公式 https://bobon21.jp

通称ボボン。テーマは「Freshness な Dolly sweet.」。愛されるドーリーガールをイメージして、Sweetラインでは清潔感のあるドーリーの中に小悪魔をプラスしたアイテム、Cusualラインではキュートなガーリーの中にポップをプラスしたアイテム。

公式 https://stripe-club.com/bonbon/
STRIPE CLUB(ストライプクラブ)

通称ボンボン。50-70年代のフランス・パリのファッションからインスピレーションを受け、クラシックなモチーフやシルエットを現代風に落とし込む。BonBon=甘いお菓子。パステルカラーやガーリーなモチーフを使い、女の子を甘く可愛らしく演出。

galaxxxy(ギャラクシー)

公式 http://www.joe-inter.co.jp/galaxxxy/

過去と未来のバカノリ音楽からザッピングした、コメット飛び散る仮想世界を含んだ"ニューストリート"ウェアを体現するビビッドカジュアルブランド。

Swankiss(スワンキス)

公式 https://swankiss.net

ロリータファッションをガーリーカジュアルにした感じ。フェアリー系に代表される淡い色合いのアイテムが多く揃っている。

ACDC RAG(エーシーデイーシィーラグ)

公式 https://www.acdcrag.com/

原宿系。コンセプトはクロスオーバー。ド派手でかわいいものから、HIP HOPダンスファッション、クールなゴシックやパンクまで豊富な品揃え。プチプライス。価格=品質。

KATIE(ケイティ)

公式 http://www.katie.jp/

TAKI & LINDAによるプライベートブランドとして2007年に誕生。" ガーリィ&ロックステディ " をボーンテーマに音楽や映像、バンド等にインスパイアされたコレクションは、女性が合わせ持つ『かわいらしさ』と『強さ』をKatieらしく追求している。

RoseMarie seoirローズマリー ソワール)

公式 http://syrup-tokyo.com/

アンティーク収集が趣味だったデザイナー・渡邉あゆみがアンティークのリメイクブランドとして活動後、2008年本格的にブランドを設立。

2015年2月、himitsu by Syrup. はRoseMarie seoirへとブランド名を変更。特徴であった、「マカロンのようにカラフルでクリームのようにふわふわしたシルエット」なイメージを残しつつ、「大人になる為に少し背伸びをした女の子たちのヒミツの空間」をコンセプトにしたブランドとして新たに展開。

「Rose- ピンク」「Marie- ドレス」「seoir- ぴったりの」を意味しており、あなたにぴったりのスペシャルに可愛いドレスがたくさんあるブランド・お店、という想いが込められている。デザイナーの渡辺曰く、「女の子に呼びかけるように、ローズマリーと呼んでいただけたら嬉しいです。」とのこと。

maniaQ(マニアック)

公式 http://maniaq.ocnk.net/

フェアリー系に代表されるパステルカラーを基調として、リュックや小物類も取り扱う。NILE PERCHに似た印象を受ける商品ラインナップ。プチプライス。価格=品質。

【追記】

2017年秋頃にオンラインショップが閉鎖した。

spank!(スパンク)

公式 http://spankworld.jp/

80sポップなディスコテーマとした古着。アメリカから厳選したスパンクアイテムを取り揃えている。合言葉は「Let's have a party!」

縷縷夢兎(るるむう)

公式 https://www.rurumu.jp/
Twitter https://twitter.com/usagi_kanae
Instagram https://www.instagram.com/rurumu.official/

デザイナー・東佳苗によるハンドメイドニットブランド。アイドル「でんぱ組.inc」の衣装制作や、会田誠「天才でごめんなさい」(森美術館)にて作品展示で参加するなど若手の気鋭デザイナーとして注目を集める。

G2?ジーツークエスチョン)

公式 http://www.g2q.jp/

USAやヨーロッパの50~80年代のアイテムを中心にバイヤーが現地でセレクト。オリジナルリメイクも人気。

Cerise(チェリーズ)

公式 http://www.cerise.tokyo/

2005年にセレクトショップBaby Ribbonがスタート。2012年1月5日よりCerise (チェリーズ) として生まれ変わった。

はれあめ / (旧) Qun.to(はれあめ / キュント)

公式 http://qun-to.shop-pro.jp

2016年5月、セレクトショップ『Qun.to』が『はれあめ』としてリューアルした。

2017年6月24日に、秋葉原の株式会社Qun.to(キュント)の事務所内に小さな秘密基地的セレクトショップ『はれあめ』が生まれた。それまではwebshopのみだったが、現在は不定期で秋葉原に実店舗をOPENしている。

主に海外(中国)からの輸入品がメインで、<はれのひもあめのひもかわいく> いられるお洋服・アクセサリー等を提案する、こころときめくセレクトショップ

【江崎びす子の炎上騒動】

ファンアートを無断使用されたTシャツをYouTuberに紹介されて過剰な指摘をしたところ、自分も他人の作品のコピー商品を使用していたことを指摘され炎上した。2019年3月頃に話題になった。

JSGジェイエスジー

Blog https://ameblo.jp/jsgharajuku

ファッション雑誌eggのモデル、渡辺かおるがデザイン&プロデュースを務めていた。一般的には渋谷109のギャル系に分類されるブランドだが、アイテムの中にはフェアリーに使えそうなものが沢山ある。

【ブランド終了】

2013年7月31日を以てラフォーレ原宿、名古屋丸栄店が 閉店。同時にブランドも終了した。SHIBUYA109から始まり、8月で5年目を迎える目前だった。