ファッション&コスメのライフスタイルブログ

ファッション&コスメのライフスタイルブログ

#トレンドファッション #コーディネート #ブランド #美容 #コスメティック #ネイル #かわいい #おしゃれ

洋服を探す

ゴシック系ファッションのブランド&セレクトショップ一覧

Point

ゴシックファッションとは、ダークミステリアスな雰囲気を持つ吸血鬼を思わせる黒を基調としたファッションスタイルである。

ゴシック系ファッション

ALGONQUINSアルゴンキン

公式 https://algonquins.co.jp/
Twitter https://twitter.com/algon_staff

カジュアルパンク。カジュパン。キュートなアイテムにハードさをスパイスし毒を効かせた「ALGONQUINS」。デザイン性が高くゴージャスな「ADDICTION」。よりパンクでロックな「ROSY」。

【追記】

ALGONQUINSを展開する株式会社アーミッシュが2019年3月1日、東京地裁より破産開始決定を受けた。ピーク時には約20店舗を運営、2019年1月20日に大阪・梅田の店舗から撤退し全店を閉鎖。以降はオフィシャルウェブサイトと各インターネットモールで販売を続けていたが、経営も限界に達した。

ALICE and the PIRATES(アリスアンドザパイレーツ)

公式 https://www.babyssb.co.jp/
Twitter https://twitter.com/BABY_THE_STARS
Instagram https://www.instagram.com/alice_and_the_pirates/

甘ロリの代表的ブランドである BABY,THE STARS SHINE BRIGHTが2004年に立ち上げた、「海賊の中に紛れ込んだアリス」をイメージしたブランドライン。

ロリータの甘い世界観とは一線を画す、黒や紺を基調とした海賊やヴァンパイアなどをモチーフにしたスタイルを提案。メンズデザインも発表している。

Vivienne Westwood Anglomaniaヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア)

公式 https://www.viviennewestwood-tokyo.com/
Twitter https://twitter.com/westwood_japan
Instagram https://www.instagram.com/viviennewestwoodjapan/
Facebook https://www.facebook.com/VivienneWestwood.JP/

「Anglomania」は英語で「英国かぶれ」といった意味。「Vivienne Westwood」のアーカイブコレクションに新たなアレンジを加えたディフュージョンラインに位置づけられ、斬新なカッティングやパターン技術によるアイコニックなデザインと、エキセントリックなプリントが特徴的である。

ディフュージョンブランド、ディフュージョンラインとは、デザイナーズブランドの普及版で、デザイナーの感性やイメージを生かしながら、販売対象を拡大するために、価格を安価に抑えたブランドのこと。

Vivienne Westwood Anglomania」は、1998年春夏シーズンよりスタート。「Vivienne Westwood」のディフュージョンラインと位置づけられており、初期のデザインにインスパイアされた構成や、毎シーズン打ち出されるプリントが特徴。

日本でのライセンスラインは、2014年春夏シーズンより本格的にスタートした。国内の販売元であるインコントロ社と英国Vivienne Westwood社による共同企画。

Vivienne Westwood」は伊藤忠商事をマスターライセンシーとして、サブライセンシー全12社がそれぞれバッグやレッグウェアなどを手がけている。「Vivienne Westwood」のレディースインポート商品総販売元のインコントロは、2002年より「Vivienne Westwood Red Label」のライセンスラインも担当。「企画力もあり、ブランドのDNAを理解している」(Vivienne Westwood・広報)ということから、同社とともに「Vivienne Westwood Anglomania」のライセンスライン立ち上げが決定した。今後はこれまで取り扱っていたインポートとともにライセンスラインの展開を強化していく。

beauty:beastビューティービースト

公式 http://www.beautybeast.jp/
Store https://store.beautybeast.jp/
Instagram https://www.instagram.com/aka.beautybeast/
Facebook https://www.facebook.com/beautybeast.jp/

デザイナーは、山下隆生氏。アウター、トップス、ボトムスから靴、時計など幅広いアイテムで構成されている。

山下隆生氏は、様々な企業、映画とのコラボレーションや音楽、イラストなどの活動も行っている。

  • 1966年、創業者の山下隆生が長崎県で生まれる。
  • 1987年、第1回丸井デザイナーオーディション流行通信大賞候補となったことがきっかけで、独学で服のデザインをスタート。
  • 1990年、ブランド「beauty&beast clothing」を設立。
  • 1991年、デビューコレクションを発表し、大阪コレクションに参加。
  • 1994年、94S/Sから3シーズンパリコレクションに参加。
  • 1995年、有限会社「ビューティビースト(beauty:beast)」を設立。ブランド名も「ビューティビースト(beauty:beast)」に改名。1995-1996A/W東京コレクションに参加。
  • その後、カジュアルライン「also beauty:beast」を開始し、東京コレクションで発表。その他にも「blue beauty:beast」「red beauty:beast」「4ge beauty:beast」などのライン、小物類を扱う「5 spirit of beauty:beast」を提案。
  • 2000年、国内での「ビューティ:ビースト」ブランドのコレクション発表を休止。ロンドンに移り、ヨーロッパを中心に「ビューティ:ビースト」の展開を始める。ダーバンの新ブランド「ニューラブ(nulv)」、フランスの「レノマ(renoma PARIS)」、イタリアのフィラ(Fila)のフィットネスラインなどのクリエイティブディレクターを担当。
  • 2002年、国内での「ビューティ:ビースト」ブランドの活動を再開。

alice auaa(アリスアウアア)

公式 https://aliceauaa-official.com/
Twitter https://twitter.com/aliceauaa_info
Instagram https://www.instagram.com/aliceauaa_official/
Facebook https://www.facebook.com/aliceauaa

ゴシックブランド。デザイナーは船越保孝。デザインは退廃感とエレガンスを基軸としており、ガーゼ素材のアイテムが印象的。1993年に神戸でAlice in Modern Timeというセレクトショップを開店したのが始まりで、その二年後にalice auaaを発表した。1998年には、L'Arc~en~Cielの「花葬」のPVで衣装協力をした。

ATELIER BOZ(アトリエボズ)

公式 https://www.atelier-boz.co.jp/
Twitter https://twitter.com/boz_honten

ゴシックブランド。中世ヨーロッパのクラシカルな美しいシルエットを特長としている。1995年に文化服装学院出身のデザイナー・柴田孝史が立ち上げた。東京都渋谷区に本店兼アトリエを構え、名古屋と大阪にも店舗がある。

LAPIN AGILL LAPIN AGILL (ラパン・アジェル) はATELIER BOZの別ラインで、エレガントな雰囲気で少し大人びた印象。

despair(ディスペア)

公式 http://despair-atenari.com/
Twitter https://twitter.com/xxxxdespairxxxx
Instagram https://www.instagram.com/despair_shion/

ヴィジュアル系ゴシック。アーティストのLIVE衣装の制作も手がける。日本の伝統である着物を古風かつ現代風に表現。和柄を取り入れたアイテムも多数展開している。

Deorart(ディオラート)

公式 http://www.deorart-shop.jp/
Twitter https://twitter.com/Deorart_shop
Instagram https://instagram.com/deorart_shop/
Facebook https://www.facebook.com/447525058619168
公式 ONLINE STORE

ダークなテイストを効かせたゴシック・モード系・ヴィジュアル系等をMIXして独自の世界観で表現したブランド。

elements,H(エレメンツアッシュ)

公式 http://www.elements-h.jp/
Twitter https://twitter.com/elements_h_info
Instagram https://www.instagram.com/elementshmitsuba/
Blog https://ameblo.jp/elementsh-blog/

モード系ゴシック。ゴールデンボンバーが所属する事務所が運営。デザイナーは浜元理恵 (元ピースナウ) 、三つ葉 (元アリスインパイレーツ) の両氏。

LIMI feuリミフゥ

公式 https://limifeu.com/
Twitter https://twitter.com/LIMI_feu
Instagram https://instagram.com/limifeu_official/
Facebook https://www.facebook.com/551452861534134

黒を基調として、シルエット、ベースのフォルムなどはヨウジヤマモトの影響を強く受けている印象だが、リミフゥの方がよりフェミニンで若者向けのイメージ。スタッフ曰く、デザイナー本人がバッグ嫌いなので、服にはほぼポケットがついているのだという。

MiDiom(ミディオム)

公式 http://midiom.com/
Twitter https://twitter.com/MiDiomOfficial
Instagram https://www.instagram.com/midiom_official/
Facebook https://www.facebook.com/midiom.official

株式会社PEACE NOWが運営していたGADGET GROWの元デザイナーが、PEACE NOWの倒産に伴い立ち上げたブランド。

Minimal × Decorative × Idiom

ミニマルとデコラティブ。その相反する2つの要素を独自の観点から切り取り、組み合わせることにより生まれるイディオム。イディオムとは、単語における一定の配列での連結の総称。複数の要素から構成され、全体で1つの意味になる言葉。

Na+H(エヌエープラスエイチ)

公式 http://naplush.com/
Twitter(Kobe Concept Room)https://twitter.com/naplushkobe
Twitter(Nagoya)https://twitter.com/naplushnagoya
Instagram https://www.instagram.com/naplush_office/

一点ずつ丁寧に作られているため仕立ての良さが感じられる。サイズオーダーや修繕サービスも行っている。本格的なゴシック、ゴスロリファッションを楽しむ人からの評価が非常に高い。名古屋と神戸にショップを展開している。

Ozz On(オッズオン)

公式 https://ozzon-japan.jp/
Twitter https://twitter.com/ozzon_japan
Instagram https://www.instagram.com/ozzonjapan/
公式 ONLINE STORE

ゴシックとパンクの融合。和柄をはじめとしたアジアンテイストの強いデザインを多く扱っている。

Qutie Frash(キューティーフラッシュ)

公式 http://www.qutiefrash.com/
Twitter https://twitter.com/qutie_frash

黒をベースにしたアイテムが豊富。和ゴシック。

RITUALS by KENZO-A(リチュアルズ)

公式 https://ritualsbykenzo-a.stores.jp/
Twitter https://twitter.com/kenzo_a
Facebook https://www.facebook.com/Rituals.by.kenzo.a/
blog https://ameblo.jp/kenzo-a/
YouTube https://www.youtube.com/user/lotusking

"StIGMAtA"を率いたデザイナー、KENZO-Aによるブランド。2008年6月にセクシーダイナマイトロンドンを退社し、2008年10月にTHE CABALを旗揚げ、そのファーストブランドとしてRitualsを立ち上げる。2015年より新体制の下、21gと社名を改め活動中。

パンク、ゴシックをあくまで前衛芸術運動と捉え、その系譜上に連なる広義でのオルタナティヴカルチャーをバックボーンに置きながら、その枠にとらわれない独自の退廃的かつ攻撃的な世界観を展開。

Sheglit(シェグリット)

公式 http://sheglit.com/
Twitter https://twitter.com/SheglitOfficial
Instagram https://www.instagram.com/sheglit_official/
Facebook https://www.facebook.com/sheglit
Blog https://sheglit-official.tumblr.com/

元BLACK PEACE NOWのデザイナーが立ち上げたブランド。BPNのテイストを受け継ぎつつ、更に洗練されたゴシック、ゴスロリブランド。

StiGMaTAスティグマータ)

公式 http://www.zaji-online.com/
Twitter https://twitter.com/za_zi
Facebook https://www.facebook.com/476035835932361

退廃的でダークな雰囲気。アシンメトリー

Yohji Yamamotoヨウジヤマモト

公式 https://www.yohjiyamamoto.co.jp/
Twitter https://twitter.com/yohji_inc
Instagram https://www.instagram.com/yohjiyamamotoofficial/
Facebook https://www.facebook.com/theofficialyohji/

「COMME des GALCONS (コムデギャルソン) 」「ISSEY MIYAKE (イッセイミヤケ) 」と並び、言わずと知れた日本のトップブランドの1つ。1980年代に川久保玲と共に “黒の衝撃” と評され、パリコレに旋風を巻き起こした。

著名人からの特注や北野武監督の映画「BROTHER」「DOLLS」「座頭市」の衣装監修なども展開。

【追記】

2008年秋以降の世界的な経済不況や円高による景気後退の影響から過剰債務による財務内容の悪化と販売不振に歯止めがかからず実質債務超過の状況となるなど資金繰りが悪化、また取引先や金融機関からの支援も限界に達し、2009年10月9日に東京地裁民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

Y's(ワイズ)

公式 https://www.yohjiyamamoto.co.jp/ys/
Twitter https://twitter.com/ys_theofficial
Instagram https://www.instagram.com/ys_theofficial/
Facebook https://www.facebook.com/theofficialys/

1972年に山本耀司が手掛けた最初のブランド。ハイエンドなヨウジヤマモトよりも、より幅広い層を対象にしている。男性の服を女性が着るというコンセプトのもと時代に流されることのない価値観を持つ、自立した働く女性たちへの服作りが原点。

2010年春夏シーズンより「Y's (men) 」ブランドを一旦休止し、「Yohji Yamamoto」のHommeにメンズブランドを集約し強化する。 「Yohji Yamamoto」の Femmeラインはこれまでと変わらぬハイエンド・ブランドとして、「Y's」はより幅広い客層に愛されるブランドとして更なる発展を目指す。

山本耀司は引き続き「Yohji Yamamoto」ブランドのHomme(紳士服)及びFemme(婦人服)、並びに「Y's」、「Y-3(ワイスリー)」、「Coming Soon(カミングスーン)」、「Y's MANDARINA(ワイズ マンダリーナ)」及び「Prototype(プロトタイプ)」の各ブランドの創作及び監修を、リミヤマモトはデザイナー山本里美の手掛けるブランドである「LIMI feu(リミ フゥ)」の創作活動をこれまでと変わらず継続する。

2012年で40周年を迎え、ブランドを改革。デザイナー山本耀司のDNAを継承するスタッフが中心になり、新たにクリエーションを担う。新生「Y's」のスタートは、2012-13年秋冬コレクション。

ブランドライン
Gipsy

ワイズからユニセックスなカジュアルライン「Gipsy (ジプシー) 」が登場。自由で気取らないスケーターファッションからインスピレーションを得たジプシーは、ボーダーTシャツやポロシャツ、パーカーなど、日常着として、使えるシンプルでベーシックな定番アイテムを中心としたラインナップ。Y's+PIGを逆から読み上げたもので、自由に生きるジプシーがコンセプト。

by Y's

デザイナー山本耀司の元で経験を積んだ若手デザイナーが手がける。

Y's Exclusive

2013 S/Sよりスタートした、Y'sのスーツライン。社会の一線で活躍するキャリア層に向けたビジネススーツ。

Yohji JEANS

EDWINとのコラボレーションで誕生したジーンズブランド。

Y's BANG ON!

2018年にスタートしたメンズ・ジェンダーレスライン。メンズのパターンをベースにしたジェンダーレスなアイテムを製作。ライン名の「バングオン」は日本語の「番号」から付けており、モデルごとに番号がつくシーズンレスコレクションとして展開する。

Ground Y

ユニセックスで服を着る”をテーマに、渋谷カルチャーに共感し街に訪れる人をターゲットとした渋谷パルコのコンセプトショップ、及びGround Yのために誕生したブランド。2016年8月7日に渋谷パルコが建て替えのため閉館し、それに伴い閉店した。

その後、2017年4月20日に「ギンザ シックス(GINZA SIX)」に出店した。これを記念したコラボレーション第1弾として、30周年を迎えるFINAL FANTASYの「新たなクリスタルの物語」をテーマにしたスマートフォン向けRPGファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス(FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS)」とのコラボアイテムが開店同日に発売された。

Y's Pink Label

Y’sのDNAを継承したデザインチームが手がける新生「Y’s」のライン。今の気分をデザインに取り入れたコンセプトの洋服。

GOTHIC YOHJI YAMAMOTO(ゴシック ヨウジヤマモト

公式 https://www.yohjiyamamoto.co.jp/gothic/

中世ヨーロッパから始まった建築様式をはじめとして装飾、彫刻、絵画など美術世界にまで及ぶゴシック。ゴシックの特徴である鋭く尖ったディテール、菱型、ユリ、ヘビ、天使などのモチーフをシルバーアクセサリーやT-シャツといったベーシックなアイテムのデザインに落とし込むことで、不変的であり続けるというコンセプトのもと誕生したライン。

1980年代にヨウジヤマモトのパリ・アトリエで生まれ短期間存在した幻のラインが時代を超えて今、新たなるコンセプトで生まれ変わり、新しいラインとして蘇った。